JリーグPRESSBACK NUMBER

塩谷司も巣立った水戸、J2での異彩。
西ヶ谷監督「ウチは再生、育成工場」

posted2017/06/17 08:00

 
塩谷司も巣立った水戸、J2での異彩。西ヶ谷監督「ウチは再生、育成工場」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

好調水戸の指揮を執る西ヶ谷監督。彼の愛妻は中継レポーターを務めているが、試合後に“夫婦インタビュー”が実現したことも。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 無印の地方クラブが、J2リーグを盛り上げている。

 2017年のJ2リーグは、J1から降格した名古屋グランパス、湘南ベルマーレ、アビスパ福岡の3チームに加え、昨年のJ2で3位の松本山雅FC、同5位の京都サンガらが昇格を争うと目されていた。このほかにも、上位をうかがう存在として無視できないクラブが複数ある。

 J1自動昇格圏内の2位以内はもちろん、昇格プレーオフを争う6位以内を巡る争いも混迷を極めるというのが、シーズン開幕前の一般的な見立てだっただろう。主力選手の入れ替わりがJ1よりも激しく、それゆえに思いがけない飛躍や低迷も付きものだけに、様々な可能性を排除できないのがJ2というリーグなのだ。

J2で人件費19番目の水戸が、11戦連続負けなし!

 それにしても、である。水戸ホーリーホックの躍進は周囲を驚かせるものだ。

 Jリーグは各クラブの経営情報を開示しており、現時点では2015年度まで内訳を知ることができる。チーム人件費の項目を見ると、水戸は22チーム中19番目だ。J2に残留できる20位以内を死守するというのが、彼らの経営方針と考えて差し支えないはずだ。

 クラブ史上最高位は2009年の8位で、翌10年以降の成績は2ケタ順位が並ぶ。昨年は13位でフィニッシュしたが、12位と勝点5の開きがあった一方で、14位、15位とは勝点差1で、20位とも勝点差が「5」しかない。'15年の19位からのランクアップは、紙一重のものだったのだ。

 それがどうだろう。ここまで18試合を終えた段階で、7勝7分4敗の勝点28は9位である。8節から11試合負けなしのクラブ記録を更新しており、18節では過去2分6敗と勝利のない松本山雅をアウェイで下した。

【次ページ】 ベンゲルの遺伝子を継ぐ、西ヶ谷監督という存在。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
水戸ホーリーホック
西ヶ谷隆之
塩谷司

ページトップ