サムライブルーの原材料BACK NUMBER

正GKに限りなく近い男、東口順昭。
「永嗣さんはでかい存在」でも……。

posted2017/06/07 12:50

 
正GKに限りなく近い男、東口順昭。「永嗣さんはでかい存在」でも……。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

初招集の中村航輔に注目が集まりがちだが、序列で言えば正GKに限りなく近い位置にいるのが東口順昭なことは間違いない。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 GKのポジションはたったひとつしかない。一席をめぐる「序列」が変わるのは、そう何度もあることではない。

 滅多に訪れない変化期に入ったということだろうか。

 ハリルジャパンで誰よりも多くゴールマウスを守ってきた西川周作が今回はメンバーから外れ、川島永嗣が正GKの座を取り戻し、首位を走る柏レイソルから勢いある中村航輔が初めて招集された。そしてもう1人が、ガンバ大阪で安定したパフォーマンスを発揮している東口順昭である。ケガ以外ではコンスタントに呼ばれてきた「常連」だ。

 シリア戦前日の取材エリア。

 これまでとは少し違った心境なのか。彼にそう尋ねると、彼は頷くようにして言った。

「下から航輔が入ってきたことで、ちょっとプレッシャーも感じています。ただ一方で永嗣さんを食っていかなアカンという気持ちが強い。(ディフェンス陣もメンバーが変わって)連係という部分では普段の練習からどんだけしゃべってるかも大事ですけど、やっぱりそこは試合でしか埋めていけない。だから出ないといけないなって思ってます」

 静かな口調ながら、内からこみ上げてくる強い意欲が言葉に含まれていた。

ハリル「次にスタメンでいける状態だった」

 ハリルジャパンでは立ち上げ時から招集されながら、出場機会はわずかに2試合しか得られていない。

 だが正GKの座は、手に届きそうなところまできていた。

 前回のUAE、イラク戦メンバー発表の際、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はFC東京戦(3月11日)で左頬骨を骨折した彼を招集できないことを嘆いた。

「今回、東口を呼べなかったことは私にとって悲しい出来事だ。今シーズンは素晴らしいコンディションでプレーしてくれている。次の試合にスタメンでいける状態だった」

【次ページ】 大久保嘉人のPKをとめた名誉の負傷ではあったが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
東口順昭
川島永嗣
西川周作
中村航輔
ロシアW杯
サッカーW杯
アジア最終予選

ページトップ