酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

交流戦「パが強い」というよりも……。
過去12年で負け越し69の球団が。

posted2017/05/31 07:00

 
交流戦「パが強い」というよりも……。過去12年で負け越し69の球団が。<Number Web> photograph by Kyodo News

決意に満ちた表情を見せるセ・パ各球団の選手たち。この期間は同リーグの直接対決がないだけに、18試合の勝敗がシーズンを大きく左右する。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 5月30日から、NPBは交流戦が始まった。セ・リーグとパ・リーグのチームが真剣勝負で対戦する。昭和の野球を知るオールドファンからすれば夢のようなカードだが、今季で13回目、すっかり定着した。

 心待ちにしている人も多いだろうが、あまりうれしくないファンもいるのではないか。

 そう、セ・リーグのファン各位だ。

過去12年間で11回もパ・リーグが勝ち越している。

<2005年からの交流戦の戦績。パ側から見た勝敗と勝率>

2005年 105勝104敗7分 .502○
2006年 108勝107敗1分 .502○
2007年  74勝 66敗4分 .529○
2008年  73勝 71敗0分 .507○
2009年  67勝 70敗7分 .489●
2010年  81勝 59敗4分 .579○
2011年  78勝 57敗9分 .578○
2012年  67勝66敗11分 .504○
2013年  80勝 60敗4分 .571○
2014年  71勝 70敗3分 .504○
2015年  61勝 44敗3分 .581○
2016年  60勝 47敗1分 .561○
合計  925勝821敗54分 .530

 何と12年間で11回もパ・リーグが勝ち越している。

 2005年と言えば、球界再編元年だった。近鉄とオリックスの合併を受けて楽天の新加入、そしてダイエーの身売りとパ・リーグに激震が走った年だ。またその前年には日本ハムの北海道移転など、パ・リーグは大きな岐路に立たされているかのように思えた。

 しかし、交流戦が始まるとパ・リーグはセを圧倒し続けた。

【次ページ】 でも本当に「パ・リーグが強いのか?」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
福岡ソフトバンクホークス
横浜DeNAベイスターズ

ページトップ