スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

BリーグがNBAより面白いなんて!
「第3戦」という激アツなルール。

posted2017/05/23 08:00

 
BリーグがNBAより面白いなんて!「第3戦」という激アツなルール。<Number Web> photograph by AFLO

川崎ブレイブサンダースのニック・ファジーカスは1試合平均27点という、2位を突き放す数字でシーズン得点王に輝いた。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

 まさか、日本のバスケットボールの方がNBAよりも、

「面白い!」

と感じる日が来ようとは夢にも思わなかった。

 それが現実になったのである。

 いま、日米ではバスケットボールが佳境を迎えている。NBAはカンファレンス・ファイナルが進行中で、イースタン・カンファレンスはセルティックス対キャバリアーズ、ウェスタン・カンファレンスは、ウォーリアーズ対スパーズが行われている。

 ところが、セルティックスのアイザイア・トーマス、スパーズはトニー・パーカー、カワイ・レナードという主力選手に故障者が出ていることもあって、キャバリアーズ、ウォーリアーズの一方的な展開が続いていて、見ている方も途中で緊張感が切れてしまうほど。

 ハッキリ言えば、面白味がなかった。

 ようやくNBAらしい試合となったのはイースタン・カンファレンスの第3戦で、崖っぷちのセルティックスが敵地で最大で21点あった差をひっくり返し、最後は108-108の同点から、セルティックスのエイブリー・ブラッドリーの3ポイントシュートがリングに嫌われるかと思った瞬間、ボールがネットに吸い込まれた(この時点で残り0秒1!)。

 ようやくNBAらしい試合が観られ、やっと溜飲が下がる思いがしたのだが、今季のプレーオフでは大差の試合が多く、チーム間の実力差が大きく開いてしまった印象がある。

「第3戦」というBリーグ大成功の秘訣。

 一方、スタート1年目のBリーグの「チャンピオンシップ」準決勝は大成功を収めた。

 川崎ブレイブサンダース対アルバルク東京と、栃木ブレックス対シーホース三河の顔合わせは両シリーズとも第3戦にもつれ込む劇的な展開となり、川崎と栃木が決勝に駒を進めた。

 盛り上がった要因は、「第3戦」という仕組みにある。

 Bリーグではチャンピオンシップで1勝1敗になった場合、15分間の休憩をはさんですぐに前後半5分ずつの「第3戦」を行う方式を採用した。

 これが「大当たり」となった。

 第3戦とは言っても、第2戦からの流れがあり、完全にリセットというわけにはいかない。両シリーズとも、「切り替え」がひじょうに重要な試合となった。

【次ページ】 ミスで第2戦の敗因を作った男が、第3戦で爆発。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
川崎ブレイブサンダース
栃木ブレックス
Bリーグ

ページトップ