Number PLAYBACKBACK NUMBER

ラグビーW杯、過密日程、主将論。
堀江翔太と立川理道が語り尽くす。

posted2017/05/05 08:00

 
ひょうきんな表情を浮かべる堀江(左)と立川。しかし日本ラグビーへの話に及ぶと、言葉の一つ一つから真摯な姿勢が伝わった。

ひょうきんな表情を浮かべる堀江(左)と立川。しかし日本ラグビーへの話に及ぶと、言葉の一つ一つから真摯な姿勢が伝わった。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Tomoki Momozono

エディー・ジャパンとサンウルブズを支えた2人のリーダーが、日本ラグビー界を力強く牽引している――。
そんな2人に、チームの現状や今後の課題、そして、2019年W杯に懸ける思いを縦横無尽に語っていただきました! Number916号掲載のスペシャル対談を、ウェブで特別公開いたします。

――2019年のW杯に向けて、ジャパンがようやくスタートしました。ヘッドコーチにジェイミー・ジョセフが就任して、アルゼンチン戦は結果として大差の敗戦となりましたが、ジョージアに勝ち、ウェールズにも善戦した。W杯の時と比べてどんな変化が起きましたか。

立川 ラグビースタイルは、明らかに違います。いちばん分かりやすいのがキックの比率。去年までは6対1だったのが、今は2対1くらいに増えたのかな。最初はギャップを感じましたけど、練習、試合を重ねるにつれて違和感がなくなってきた。

堀江 みんな、役割を理解してきたね。ウェールズ戦でもセットピースがだいぶ良くなってきたし、トライの取り方、それに自分たちの強みが分かってきた。

立川 カーディフでのウェールズ戦、なんだかW杯の時に近い雰囲気を感じて、幸せだなあと思いましたよ。

堀江 お客さんが入ると、力になる。日本でもそんな環境が作れるといいよね。

W杯後はメンタルを上げるのも厳しかった。

――W杯が終わってスーパーラグビー(SR)への参戦もあったこの1年間は、怒濤の時間が流れたんじゃないですか。

堀江 楽しいようで、大変な1年でしたね。W杯から帰ってきてからはメンタルを上げるのも厳しかったし、サンウルブズもゼロを1にする作業はしんどかったです。

立川 僕はそんなに大変じゃなかった(笑)。

堀江 これから大変になるって。

立川 W杯の後、クボタに戻ってからはリーダーの役割はなかったし、サンウルブズでもゲームキャプテンは務めましたけど、堀江さんがほとんどやってくれたんです。コーチと話し合いをするなかで、システムや、アタックのバランスを変えたりとか、いろんな仕事をしてくれたので。

堀江 スクラムコーチもいなかったしね。いま、ジャパンではキャプテンといいながら、僕は何もしてないと思います(笑)。

立川 アタックではハーフ団がコントロールして、ディフェンスにはリーダーがいる。セットピースにも責任者がいて、役割分担は出来てますね。

【次ページ】 ダブル・キャプテンを打診されたのはいつ頃だった?

1 2 3 4 5 6 NEXT
1/6ページ

ページトップ