リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

ハメスとイスコはレアルを去るのか。
ジダンの起用問題にバルサまで参戦!?

posted2017/04/13 11:30

 
イスコが抱えた子供をなでるジダン。しかしたとえ人間関係が良好でも、試合で自分を使わない監督に好意を持つ選手は多くない。

イスコが抱えた子供をなでるジダン。しかしたとえ人間関係が良好でも、試合で自分を使わない監督に好意を持つ選手は多くない。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 '16-'17シーズンのリーガもいよいよ最終コーナーに差し掛かった。

 4月8日に行われた第31節では2位バルサが15位マラガに敗れたため、アトレティコとのダービーを引き分けたマドリーが優勝に一歩接近。第33節のバルサとの直接対決を負けずに乗り切れば5年ぶりの戴冠は濃厚となるだろう。

 と、タイトル戦線に限れば順風満帆といえるマドリーだが、チーム内部に目をやると問題がないわけではない。

 たとえばハメスとジダンの衝突だ。

 ハメスの今シーズンの公式戦出場時間はトップチーム23人の中で下から3番目。第30節レガネス戦では、今季リーガではようやく8度目となる先発出場を果たしたが、72分に交替を命じられたため、サイドライン際に立つジダンを無視してベンチに直行し、壁に怒りをぶつけた。記者会見で不仲を疑われたジダンは強く否定したものの、戻ってきたハメスに彼の方から握手の手を差し伸べたり、視線を向けたりしなかったのも確かである。

ハメス同様に、イスコもジダンの冷遇に苦しんでいる。

 ハメスとマドリーとの契約は'20年6月末まで続く。が、ハメスはジダンの冷遇にうんざりしている。

 両者の関係は契約満了を待つことなく終わる可能性が高い。

 ジダンが責められることではないが、'14年ブラジルW杯での活躍を見て、当時の市場評価額を大きく上回る7500万ユーロ(約88億円)で即買いしたペレス会長が苦々しい思いをするのは間違いない。

 同様に、ここ数週間メディアを賑わせているイスコの契約延長問題も、ジダンの選手起用法に端を発しているといえよう。

 そして'18年6月末で契約が切れるイスコに対し、クラブはしばらく前から契約期間の延長をオファーしてきた。

 しかしイスコの心には疑念がある。

【次ページ】 終盤の起用次第では、契約延長の拒否も。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ