セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

変化を選んだユーベ、変らぬバルサ。
CLで「3-0」の価値は次戦でわかる。

posted2017/04/12 21:00

 
変化を選んだユーベ、変らぬバルサ。CLで「3-0」の価値は次戦でわかる。<Number Web> photograph by AFLO

ディバラの2ゴールは、ユベントスをベスト4へ大きく前進させた。ブッフォンの悲願となるCL初制覇は、視界に入っている。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

「レオ(メッシ)はもうCLのタイトルをたくさん持ってる。今年の大会は俺たちが勝ちとる番さ」

 快活な宣戦布告の主は、ユベントスの若きエースFWディバラだ。

 2年前のファイナルの再戦となったCL準々決勝1stレグは、ユベントスがバルセロナを3-0で一蹴した。

 ただし、FWディバラを筆頭とするユーベの面々に、先勝に浮かれた様子は微塵もない。

 たとえ初戦で4点奪われようが逆転は可能だと全世界に証明したのが、他ならぬバルセロナだからだ。

 セミファイナルへの切符は19日の2ndレグが終わるまで、まだ誰の手にもない。

 ユーベの指揮官アッレグリは、初戦の先発にFWディバラにFWイグアイン、FWマンジュキッチら攻撃の選手5人を並べる超攻撃的布陣“チンクエ・ステッレ(5ツ星)”を敷いた。

 一方のバルセロナは中盤のキーマンであるMFブスケッツを出場停止で欠いた。監督ルイス・エンリケは代役にMFマスチェラーノを立て、敵地での初戦に3-4-3で臨んだ。

早い時間で均衡が崩れれば、ゲームは動く。

 汗ばむ陽気の春の夜、ユーベは試合開始直後から獰猛だった。

 キックオフからわずか30秒後にMFケディラが初シュートを放ち、3分にはFWイグアインも続いた。

 勢いをつけたユーベは、早くも7分に先制点を奪った。

 右サイドのMFクアドラドからパスを受けたFWディバラが、クイックに左足を振りぬく。ボールは鋭くゴール左隅に飛び込んだ。

 2人の指揮官の脳裏には、2年前のファイナルで開始4分にバルセロナMFラキティッチが奪った先制点が蘇ったのではないか。好対照な2チームの対戦で早い時間帯にスコアの均衡が崩れれば、ゲームは否応なしに動く。

【次ページ】 憧れのメッシの目前で、ディバラが2ゴール。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ユベントス
パウロ・ディバラ
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ