話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

首位を走る神戸の勝因は、守備!
レアンドロ復帰までに攻撃は整うか。

posted2017/04/11 07:00

 
首位を走る神戸の勝因は、守備!レアンドロ復帰までに攻撃は整うか。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

大量補強は難しいものだが、昨年の藤田直之らに続き今年加入した選手もフィットしている。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 ヴィッセル神戸が首位を快走している。

 5連敗中の大宮からしっかりと勝ち点3を獲得、ネルシーニョ監督は「首位を守る大事なミッションだったが勝てて良かった」と満足そうな表情を見せた。

「開幕から6試合で勝ち点12を目標にしてて、それをチームとして早い段階でクリア(5勝1敗・勝ち点15)できた。監督も優勝するために必要なポイントを掲げていて、それをクリアしていかないといけないと言っていたんで、それを今日の試合も意識したし、確実に勝ち点を取れているのはすごくいい状態だと思っています」

 そう語り、岩波拓也も充実した表情を見せる。

 まだ6試合が終わっただけで、比較的対戦相手に恵まれているとはいえ、勝たなければいけない相手からしっかり勝ち点3を獲得することは簡単なことではない。開幕4連勝は、決してまぐれではできないことだ。

首位を走る要因は、即答で「守備」。

 大型補強をしたFC東京や鹿島がややモタついている中、神戸が首位を走っている要因はいったい何なのだろうか。

 藤田直之は「守備」と即答した。

「守備がしっかりハマっているのが大きいですね。プレーしていてもひとりひとりが集中力を切らせていないですし、気持ちが充実してひとつになって戦えているというまとまりも感じます。それがあるので今、首位にいられるのかなと思います」

 神戸の守備は、前線からの激しいプレスと、何度でも追いかけるしつこさが特徴だ。FWからプレスに動いてコースを限定し、2列目とボランチが連動し、追う。その結果狙いどころが定まり、センターバックが奪う。大宮戦でも岩波がそういうシーンでボールを奪っていた。

 だが、それ一辺倒というわけではない。試合の流れの中で自分たちで状況を判断し、修正していく。大宮戦は前半、いつも通り高い位置からハメて取りに行っていたが相手が慣れてボランチを1人下げて回すようになると、少しラインを下げて狙いを持ってプレッシャーにいくように変えた。そうして一度、失った流れを前半の終わりに取り戻した。

【次ページ】 4つの無失点試合、合計失点もJ1最少。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
ヴィッセル神戸
藤田直之
岩波拓也
ネルシーニョ

ページトップ