ニッポン野球音頭BACK NUMBER

田中浩康、DeNAで“34歳の新人”に。
2番・二塁、古巣神宮での開幕戦へ。

posted2017/03/27 07:00

 
田中浩康、DeNAで“34歳の新人”に。2番・二塁、古巣神宮での開幕戦へ。<Number Web> photograph by Kyodo News

筒香、梶谷ら主軸の前で、田中がシュアな打撃を見せる。ラミレス監督の“プランA”がハマれば、DeNA打線はさらなる厚みを増す。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 このままいけば「2番・セカンド」で開幕を迎えることになりそうだ。

 今シーズンからベイスターズに加入した田中浩康が、たしかな存在感を示している。

 12年間在籍したヤクルトでは、ポジションが重複する山田哲人の台頭もあり、昨シーズンのスタメンに名を連ねたのはわずかに2試合。しかも一塁手としての出場だった。指導者転向の打診を固辞すると、新天地の横浜で再出発する道を選んだ。

 浦添ではなく宜野湾でのキャンプイン。田中の動きは、かつてヤクルトでチームメイトだったアレックス・ラミレス監督の目に留まる。

 田中はベイスターズに足りない部分を埋める、ぴったりのピースになりうると期待されていた。

 昨シーズンは5人が入れ替わり務めた二塁手として。

 昨シーズンは13人が入れ替わり務めた2番打者として。

 まさに“泣きどころ”だったポジションで田中を起用する――指揮官はその思いを徐々に強くしていった。

ラミレス監督は“2番・田中浩”構想を温めている。

 2月中旬、ラミレス監督はこう明かした。

「試合勘を取り戻し、ケガなく乗り切ることができればという条件つきだが、現状では田中が二塁手の一番手だ。打線では田中を2番に置く“プランA”と、梶谷(隆幸)を2番で使う“プランB”の2パターンを考えている。スモールベースボールができるプランAを基本線にしたいと考えているが、まだ何とも言えないところもある。すべては田中次第だ」

 やがてオープン戦が始まると、背番号67はベテランらしい安定したプレーを披露した。持ち前のしぶとい打撃で打率.308(26打数8安打・3月23日終了時点)をマークし、堅実な守りも健在。連日のスタメン起用を見る限り、「試合勘」と「ケガなく」という2つの条件は、ここまでのところクリアできていると考えていいだろう。

【次ページ】 「目の前の、一瞬一瞬をすごく大切にしている」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
田中浩康
横浜DeNAベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ
山田哲人
アレックス・ラミレス
梶谷隆幸

ページトップ