なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

長野から、なでしこのエースへ――。
進化し続けるストライカー・横山久美。

posted2017/03/25 11:30

 
長野から、なでしこのエースへ――。進化し続けるストライカー・横山久美。<Number Web> photograph by Kei Matsubara

地方都市・長野から全国の女子サッカーの人気を支え続けているパルセイロと横山。その派手なサッカーは本田監督の戦略に裏打ちされている。

text by

松原渓

松原渓Kei Matsubara

PROFILE

photograph by

Kei Matsubara

 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選で、なでしこジャパンが敗退してから、丸1年が経った。

 ワールドカップ優勝(2011)と準優勝(2015)、オリンピック準優勝(2012)など、数々の栄光とともに8年間、なでしこジャパンを率いた佐々木則夫監督が予選敗退後に退任し、新たな指揮官に高倉麻子監督が就任したのが昨年4月。

 現在、なでしこジャパンは、2019年のフランス女子ワールドカップと2020年の東京オリンピックでの世界一を目指し、新たなチーム作りの最中である。

 今年の3月上旬にポルトガルで行われたアルガルベカップは、高倉麻子監督の体制下で臨む初の国際大会となった。結果は2勝2敗で、12チーム中6位。スペイン、アイスランド、ノルウェー、オランダを相手に、8日間で4試合をこなす過密日程の中、高倉監督は1試合ごとにメンバーを入れ替えて様々なコンビネーションを試した。選手はトライ&エラーを繰り返しながら多くの収穫と課題を手にした。

 重要な場面で、パスミスやトラップミスからピンチを招く場面が何度かあり、今後、競った試合で勝ちきるための課題もあったが、一方で、大会を通じ目に見えて成長した選手もいた。

 特に大きなインパクトを残したのが、FWの横山久美である。

 今大会、横山は4試合で4得点。デンマーク代表のFWペルニーレ・ハルデルと並んで得点女王に輝き、なでしこジャパンの新エースに名乗りを挙げた。

代表のエースへの成長には、長野パルセイロでの日々が。

 高倉監督がFWに求める要素の1つは「ペナルティエリア内で、個人で点が獲れる」こと。その点において、横山は現在、国内ではトップクラスのFWだ。あらゆる角度、体勢からゴールを決められるのが強みでもある。

 初めて代表に選ばれた2015年以降、代表における横山の役割は、途中出場で流れを変えるスーパーサブだった。しかし、今大会では初戦を除く3試合に先発し、ノルウェー戦とオランダ戦ではフル出場した。

 佐々木監督時代のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選では、最年少で代表メンバーに選出され、5試合で2ゴール。しかし、日本はオリンピックに出場することができなかった。

 あれから1年――。

 現在23歳の横山が、この1年間に示した目を見張るような成長ぶりは、所属チームであるAC長野パルセイロ・レディース(長野L)での日々とともにある。

【次ページ】 17歳の時に一躍有名になった「6人抜きゴール」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
横山久美
佐々木則夫
高倉麻子
なでしこジャパン
AC長野パルセイロ・レディース
本田美登里

ページトップ