フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

フィギュア四大陸選手権の裏舞台。
カナダ選手がドッグファームから犬救出!

posted2017/03/27 11:30

 
フィギュア四大陸選手権の裏舞台。カナダ選手がドッグファームから犬救出!<Number Web> photograph by Getty Images

四大陸選手権における、デュハメルとエリック・ラドフォードのカナダ代表ペア。優勝こそ逃したが、その華麗な演技に会場は大いに沸いた。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2月15日から19日まで、韓国の江陵で平昌五輪のテストイベントも兼ねて開催された四大陸選手権。この氷上の戦いの裏でひっそりと行われていたできごとが、つい先日明らかにされた。

 現世界ペアチャンピオン、四大陸選手権では2位だったカナダのミーガン・デュハメルが、韓国で食用にされるところを救出された犬を引き取り、カナダに連れ帰ってきていたことが、保護団体のHPに公表されたのである。

 愛犬家でもあるデュハメルは3月16日、トロントの自宅から筆者の電話インタビューに応じてこう語り始めた。

「韓国のドッグファームのことを知ったとき、自分に何ができるかと思って、最初はNPOにお金を寄付したんです」

 犬を食用にする伝統がある韓国には、現在でも国内に10万箇所以上の「ドッグファーム」があるという。韓国では、商業的に犬を食用として繁殖させることが許可されているようだが、これらの施設の存在が世界中の動物愛護団体から批難されてきていた。

 ミーガン・デュハメルが「フリー・コリアン・ドッグス」というNPOのことを知ったのも、1988年ソウル五輪当時からこの食用ドッグファームの閉鎖と、保護活動を進めてきた動物愛護団体、HSI (ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナル)を通してだったという。

「フライトボランティア」とは?

「四大陸選手権で韓国に行くことになったとき、“フライトボランティア”というものがあることを知りました。韓国のドッグファームにいた犬を、里親探しをするニューヨークやトロントの動物保護団体の元に運搬するボランティアです」

 ソウルから直行便でトロントやニューヨークまで行く人物なら、誰でもこのフライトボランティアになれるという。

「犬は自分だけでは飛行機に乗れないから、誰かがチェックインしてあげないと(笑)。母も一匹引き受けて、トロントまで連れて帰ってきました」

【次ページ】 「どうせなら私も1匹引き取ったら、と」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ミーガン・デュハメル
平昌五輪
オリンピック
四大陸選手権

ページトップ