モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

ロッシは同僚とまた不仲になるか。
MotoGPの偉業達成は目前だが……。

posted2017/03/23 21:00

 
ロッシは同僚とまた不仲になるか。MotoGPの偉業達成は目前だが……。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

カタールでのチーム記者会見にて。チームメートとなった若く才能あるビニャーレス(左)と、ロッシは仲良くできるのか……。

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 2017年シーズンの開幕戦カタールGPが、現地時間3月23日の夜、ドーハ郊外のロサイル・インターナショナル・サーキットで始まる。

 開幕に向けて行われたウインターテストで注目を集めたのは、昨年のチャンピオンでMotoGPクラスにデビューして4年で3回のタイトルを獲得したマルク・マルケスとスズキからヤマハに移籍、マレーシア、オーストラリア、カタールと続いた3回の公式テストで連続トップタイムをマークしたマーベリック・ビニャーレスの2人だった。

 ウインターテストのリザルトがそのままシーズンに反映するということはないが、勢いあるスペイン人の若い2人が、MotoGPクラスの中心になることは間違いない。

 対照的に、'09年以来、タイトル獲得を果たせずも、ドゥカティに在籍した2年間をのぞいて常にチャンピオン争いに加わってきたバレンティーノ・ロッシが、これまでになく精彩を欠いた。

 その理由は、2017年型ヤマハYZR-M1のハンドリングが好みのフィーリングに仕上がらなかったからだ。

「今年はハンドリングのヤマハを復活させる」

 昨年までチームメートで今季ドゥカティに移籍したホルヘ・ロレンソとは、バイクのセットアップにそれほど大きな差はなかったが、ビニャーレスとはかなり好みに違いがあるようだ。

 ヤマハが「去年は転倒が多かった。今年はハンドリングのヤマハを復活させる」という狙いで開発してきた2017年型は、ここまではビニャーレスに合っているが、ロッシには合わなかったということになる。

【次ページ】 通算114勝、王座9回のロッシのタイムが……。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
マルク・マルケス
マーベリック・ビニャーレス
バレンティーノ・ロッシ
マックス・ビアッジ
セテ・ジベルナウ
ケーシー・ストーナー
ホルヘ・ロレンソ
MotoGP

ページトップ