モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

23歳マルケスが会得した「我慢」。
3度目のMotoGP制覇で、さらに先へ。

posted2016/12/01 11:00

 
23歳マルケスが会得した「我慢」。3度目のMotoGP制覇で、さらに先へ。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

2017年に向けてスタートを切ったマルク・マルケスは、'17年型ホンダRC213Vプロトで精力的にテストを行った。

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 マルケスが2年ぶり、3回目のチャンピオンに輝いた。125cc、Moto2クラスを含めると5回目のタイトル獲得になった。

 今年は18戦を終えて5勝を含む計12回の表彰台に立った。最高峰クラスで初タイトルを獲得した'13年の6勝16回、'14年の13勝14回(ともにシーズン18戦)に比べると勝ち星も表彰台に立った回数も少ない。その背景には、'16年はシーズン最多優勝者記録樹立となる9人のウイナーが誕生する“乱戦”のシーズンだったことがある。

 “乱戦”になった理由は、3つ。シーズンを通じて雨の多い不安定な天候だった。タイヤがブリヂストンからミシュランに代わった。バイクのパフォーマンスに大きな影響があるエンジン・コントロール・ユニット(ECU)のソフトウエアが共通になった点だ。

 これらの要因が各レーサーに影響したことは間違いなく、過去最多の転倒者数を記録するシーズンとなった。優勝者も、マルケス5勝、ロレンソ4勝、ロッシとクラッチローが2勝、ミラー、イアンノーネ、ビニャーレス、ペドロサ、ドビツィオーゾがそれぞれ1勝。不安定な天候の中でタイヤ選択が勝敗を分けるレースも多かった。

「100%プッシュ」から我慢の走りを覚えたマルケス。

 そのシーズンの中で、これまでグランプリの記録を次々にブレイクしてきた23歳のマルケスは、MotoGPクラスではシーズンを通じて3番目となる17回の転倒を記録するなど苦しんだ。それでも決勝では我慢のレースを続け、着実に表彰台に立ち続ける。そして、第15戦日本GPで5勝目を挙げてタイトル争いに決着をつけた。

 タイトルを獲得したマルケスは、厳しいシーズンをこう振り返る。

「これまでは常に100%。プッシュ、プッシュの走りだったが、今年は我慢することを覚えた。それがタイトル獲得につながった」

【次ページ】 攻撃的すぎてチャンピオンを逃した昨年の教訓。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マルク・マルケス
中本修平
バレンティーノ・ロッシ
モトGP

ページトップ