Number ExBACK NUMBER

「軽く振っても飛ぶってところ」
さあ、清宮の春が、やってきた!

posted2017/03/16 07:00

 
「軽く振っても飛ぶってところ」さあ、清宮の春が、やってきた!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

センバツでの初戦は3月23日。対戦相手は、松井秀喜を5打席連続敬遠にした名門・明徳義塾高校となった。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 ひと冬を越えて、球児たちはひと回り大きくなった。

 センバツ甲子園は、各自で取り組んだ地道な冬場のトレーニングの成果を存分に発揮する舞台でもある。

 投手であれば、その成果は目に見えやすい。球速が上がったとか、新たな変化球を覚えたとか。だからセンバツは歴史的にも、好投手の活躍が光る大会だった。

 では、打者はどうなのか?

 特に早実の清宮幸太郎のように、1年生のときからこれ以上ないほど打っていたような打者は。

早実の打者の多くの打撃が、劇的に変わっていた。

 打席結果は相手投手の力量や球場の大きさによるところもあるし、ホームランを打ったからといって必ずしも成長しているとは言えない気もする。昨秋と今春の清宮は、いったいどこが違うのだろう?

「軽く振っても飛ぶってところだと思います。去年の冬も同じようなことを感じたんですけど、ロングティーの飛距離が前と全然違います」

 確かにこの日の紅白戦では、泳いだバットに当たった打球がセンターのフェンスまで到達した。

「あれなんかも当てただけなのに、むちゃくちゃ飛びましたね。昨日も、反対方向に軽く打ったらネットを越えましたしね」

 そしてそれは、清宮に限ったことではない。紅組と白組にわかれた早実の打者の多くが、力みのないスイングから鋭い打球を飛ばしていた。

【次ページ】 清宮が掲げた、独特のスローガンとは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
清宮幸太郎
早稲田実業高校
センバツ
甲子園

ページトップ