マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

センバツを関西勢が席巻する予感。
智弁の西岡、滋賀の田中は隠れ逸材。

posted2017/03/16 17:00

 
智弁学園、太田英毅は2016年の優勝チームでも主力だった。彼のスイングは、一目でそのパンチ力が伝わる。

智弁学園、太田英毅は2016年の優勝チームでも主力だった。彼のスイングは、一目でそのパンチ力が伝わる。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今年のセンバツは関西勢が強そうだ。

 履正社、大阪桐蔭の大阪勢に加え、昨春の優勝校・智弁学園(奈良)がVメンバーを何人も残し、さらに昨春8強の滋賀学園(滋賀)は強力バッテリーが今季も健在。3年ぶりに出場の名門・報徳学園(兵庫)も素質豊かな選手を揃えて、強豪たちの間隙をうかがっている。

 昨春の優勝チームでも3、4番をつとめて躍進の一角を担った智弁学園・太田英毅遊撃手(3年・176cm78kg・右投右打)と、福元悠真外野手(3年・178cm81kg・右投右打)は、すでに昨季から“超高校級”の折り紙付きの全国クラスのスラッガーだ。

 今季もクリーンアップの一角をつとめる太田英毅は、相手左腕の鋭いクロスファイアーや低めに沈むチェンジアップを、外野の深い位置まで痛烈なライナーで弾き返すヘッドスピードとバットコントロールを持ち、ファーストストライクを一撃で痛打にできるバッティングセンスが光る。

 加えて、盗塁のスタートのスピード感と、強靭な下半身を利した加速のすばらしさ。三遊間の深い位置からや、カットプレーのロングスローで見せるスピーディーで高精度なスローイングも兼備して、高校球界トップクラスの“打てる遊撃手”だ。

「たぶん、出場全チームの中でいちばんヘタなショートだと思います。自信があるのは肩だけなんで……」

 昨春、苦笑いしながらそう語っていたフィールディングがどのくらい変化しているのか。興味の尽きない選手だ。

ちょっと中に入ると、レフト席にライナー弾。

 独特の叩きつけるようなスイングの福元悠真は、ボールによって別人のような変わり方をするバッティングが妙に興味深かった。

 外のボールにはドアスイングの弊害がモロに出て、スイング軌道と投球軌道がなかなか一致しないのに、ちょっと中に入って来ると強烈なリストでレフト席にライナー弾が突き刺さる。“ツボ”を持っている怖さが伝わってくる打者だ。

 そこに今春は、西岡寿透(三塁手・3年・180cm82kg・右投左打)という大砲がもう一門加わったから、今年の智弁も怖い。

【次ページ】 センバツの頃は、椎間板ヘルニアだった。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ