“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

欧州クラブに挑戦する18歳の光と影。
渡邊凌磨、ブンデスでの今を語る。

posted2017/02/28 07:00

 
欧州クラブに挑戦する18歳の光と影。渡邊凌磨、ブンデスでの今を語る。<Number Web> photograph by Takahito Ando

インゴルシュタットは2004年に誕生した新しいクラブ。昨季から初めて1部で戦うことになったこの若いチームで、渡邊は居場所を見つけることができるか?

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 2015年9月。18歳になるひとりの若者が並々ならぬ覚悟を持って日本を飛び出し、単身ドイツの地に降り立った。

 ブンデスリーガのクラブ「インゴルシュタット」に所属する渡邊凌磨は、群馬の名門・前橋育英高校で3年間を過ごし、高2の時にはU-17日本代表としてU-17W杯(2013年、UAE大会)に出場した選手だ。高いボールコントロール技術とシュートセンスでチーム最多の3ゴールを叩き出すと、高3の最後の高校選手権ではチームを準優勝に導く活躍を見せ、高校サッカー界のスター選手の1人となった。

 卒業後は早稲田大学へと進学。今度は関東大学サッカー界のスター候補として、華々しくデビューする……はずだった。

 実はその頃、彼の中に誰も止めることが出来ない、別の覚悟が芽生え始めていた。

なぜか目標と夢が見えなくなった……。

「僕自身、『サッカーで成功したい』という欲が凄く強くて。それも、海外でチャレンジしたいという想いが強かった。

 大きかったのはU-17W杯でした。

 大会に出場して感じたのは、僕は日本代表ですから当然その組織の中で生かされているんだな、ということ。じゃあ、もし僕が1人で海外のチームに入ったとき、どれだけ出来るのかと問われたら果たして……と、疑問に感じたんです。その疑問がどんどん膨らんでいって、『1人で海外に行って勝負したい』という気持ちが強くなっていって。

 一方では大学進学も決まっていて。でも、いざ大学に入ってみたら、具体的な自分の目標が立てられない自分がいたんです。『大学に入学したはいいけど、これから俺どうしよう』と、すべてが漠然としてしまって、未来がぼやけてしまって……」

 彼は海外でチャレンジしたい気持ちを抱えたまま、大学へ進んでしまった。だが、あるきっかけが、その秘めたる夢の実現を加速させることになった。

【次ページ】 なぜ急転直下、欧州クラブへ行けるようになったのか?

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
渡邊凌磨
前橋育英高校
インゴルシュタット

ページトップ