ラグビーPRESSBACK NUMBER

陸上トップ選手から7人制ラグビーへ。
“ママさん選手”寺田明日香が代表に!

posted2017/01/19 08:00

 
陸上トップ選手から7人制ラグビーへ。“ママさん選手”寺田明日香が代表に!<Number Web> photograph by Shizuka Minami

東京フェニックスというクラブチームに所属する寺田。サクラセブンズの起爆剤になれるか?

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

「ママ、きょうも練習?」

 寺田明日香が練習に向かう日には、娘の果緒ちゃんはそう声をかける。

 練習の意味も、ママが何をしているかもきっと分かっていない。寺田が「ママ、今日も練習に行ってくるね」と話しかけた言葉を聞いているうちに、自然と覚えたのだろう。

 お留守番をさせること、一緒にいられないことを心苦しく思いながらも、「そうだよ、頑張ってくるね。行ってきます」と返答し、ぐっとこらえてドアを閉めた瞬間、ママから戦う選手の表情に変わる。

100mを11秒台の記録を持つ驚異の女子選手!

 昨年12月23日に行われた女子ラグビー7人制「サクラセブンズ」のトライアウトに寺田の姿はあった。

 13人が参加して行われたトライアウトでは40m走や立ち幅跳びなどの体力テストが行われ、寺田は持ち前の身体能力を発揮。

「できることはすべて出し切りました。東京五輪までの4年間を考えると、できるだけ早く日本代表に入りたいですね。経験も積ませてもらえるし、監督陣にアピールできるチャンスももらえます。

 選ばれたら、存在感を出して、いい仕事をできるように頑張ります」

 と抱負を話していたが、年明けの1月9日に日本ラグビーフットボール協会からトライアウト合格の通知を受け取り、晴れて日本代表の仲間入りを果たした。 

 寺田の最大の武器は、100mを11秒71で走るスピード。

 100mで12秒を切る選手は世界的にも数少ない存在だ。寺田にボールを渡したら絶対にトライまで持って行ってくれる――仲間にそう信じてもらえる選手になるのが目標だ。

【次ページ】 将来を嘱望されたハードラーだった寺田。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
寺田明日香
東京フェニックス
サクラセブンズ
ラグビーW杯
東京五輪
オリンピック

ページトップ