ラグビーPRESSBACK NUMBER

大学枠撤廃から3日後の大激戦。
ラグビー日本選手権、帝京の意地。

posted2017/01/23 17:00

 
大学枠撤廃から3日後の大激戦。ラグビー日本選手権、帝京の意地。<Number Web> photograph by Kyodo News

帝京大が見せた奮闘ぶりは、今季からサントリーを率いる沢木監督がハーフタイムで選手を鼓舞せざるを得ないほどだった。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「悔しかったですね」

 帝京大の岩出雅之監督は、そう記者会見を切り出した。

「学生はよくがんばった。まだまだのところもあったけれど、勝負は勝って終わりたい。僕自身そのつもりでいた。試合後の学生は泣いていましたね。やっぱり、悔しさの涙だったと思う」

 1月21日、日本選手権準決勝。大学選手権8連覇の学生王者・帝京大は、トップリーグ王者のサントリーに、29-54で敗れた。

前半終えて21-21と、帝京大は互角の戦いを演じた。

 とはいえ、試合を見つめていたファンの多くは、スコアとは違う印象を持っただろう。トップリーグを15戦全勝で優勝したサントリーを相手に、帝京大はキックオフ直後から全開で挑んだ。相手ゴール前でモールを押し、先制トライを奪われてもすぐFB尾崎晟也(3年)のカウンターアタックで反撃。ゴール前でパスを受けたWTB吉田杏(3年)が、日本代表FB松島幸太朗のタックルを弾き飛ばしてトライをあげた。

 14点ビハインドで迎えた前半37分には、相手陣のPGチャンスにタッチキックを選択し、ラインアウトモールでフッカー堀越康介(3年)がトライ。直後の40分には、自陣ゴール前の相手落球から再び尾崎がカウンターアタック。トップリーグトライ王のWTB中鶴隆彰を翻弄して、サポートに走り込んだWTB竹山晃暉にラストパスを送った瞬間、花園ラグビー場の観客から驚愕のどよめきがあがった。竹山が真ん中に走り込みトライ。SO松田力也(4年)がコンバージョンを蹴り込んだ。

 前半40分を戦い終えて21-21。大学王者は、トップリーグ王者に互角の戦いを演じていたのだ。

【次ページ】 大学の出場枠撤廃が決まった直後の一戦。

1 2 3 4 5 NEXT
帝京大学
サントリー・サンゴリアス
岩出雅之
中靍隆彰
堀越康介
流大

ページトップ