球道雑記BACK NUMBER

10年間支えられた裏方との別れ。
ロッテ大嶺祐太は一本立ちできるか。

posted2016/12/27 08:00

 
10年間支えられた裏方との別れ。ロッテ大嶺祐太は一本立ちできるか。<Number Web> photograph by Kyodo News

2016年5月。日本ハム戦で、2回途中で交代を告げられた時の大嶺(右端)。結局、今季は4月2日・オリックス戦の1勝のみで終わった。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 12月某日、千葉ロッテでコンディショニングコーチを務める漁野祐太と酒を酌み交わす機会に恵まれた。

 こんなに、はしゃいで飲んだのはいつ以来だろうと思えるくらい、その日は酒も進んで、つい悪ノリもしてしまった。

 毎日でも、何度でも、こういう席を持ちたいなあと思っていた矢先、漁野から突然、改まった顔で「実は私、来月から四国の方に行くんです。マリーンズは今月で辞めます」と告げられた。

「またか……」

漁野にとっての初仕事は、大嶺祐の入団交渉だった。

 実はこの年末、このような別れを、2度経験している。

 ひとつは今年、千葉ロッテから戦力外通告を受けて、熊本の社会人野球チーム・鮮ど市場ゴールデンラークスに移ることになった香月良仁、そしてもうひとつが漁野だった。

 これが今生の別れになるわけではないが、心を通い合わせた人物と離れ離れになるのはやっぱり切ない。

「まだ年内、時間はありますからまた集まって飲みましょうよ!」と、最後にそう約束し、その日は解散することになった。

 漁野が千葉ロッテに籍をおいたのは今からちょうど10年前のことだ。

 初仕事は当時、八重山商工の3年生だった大嶺祐太の入団交渉に同席することだった。

【次ページ】 「漁野さんがいたから自分もここまで頑張れた」

1 2 3 4 5 6 NEXT
1/6ページ
関連キーワード
大嶺祐太
漁野祐太
ボビー・バレンタイン
立花龍次
佐々木千隼
酒居知史
西野勇士
藤岡貴裕
千葉ロッテマリーンズ

ページトップ