錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

「若い」「日本人初」「アジア初」の次。
2017年の錦織圭は何で驚かせてくれる?

posted2016/12/26 08:00

 
「若い」「日本人初」「アジア初」の次。2017年の錦織圭は何で驚かせてくれる?<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

今季最終戦となったツアーファイナルズでワウリンカに勝利し、思わずガッツポーズの錦織。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 2016年も錦織圭は、いくつかある『好きなスポーツ選手ランキング』で1、2位を争う人気ぶりで、今年生まれた赤ちゃんにつけられた名前でも「圭」は878位から60位にジャンプアップしたそうだ。

 そのサクセスストーリーを題材に扱った中学生の英語の教科書も、今年の春から使われているという。

 錦織に対して世間が抱いているイメージはすこぶるいい。

 そんな中で、錦織は多くの子供たちのお手本としての立ち振舞を見せてきたし、励みにしてほしい名言もたくさん残したはずなのだが……なぜか今振り返って記憶に残っているのは、それとはかけ離れた軽いコメントだったりする。

「批判されるのでこのくらいに……」

 たとえば楽天オープンのとき、髪をかなり短く切ったことを指摘されたときの返し。

「こんなに刈り上げたのは久しぶり。ほんとは染めようと思ったんですけど、批判されるのでこのくらいにしておきました」

 何色に染めたかったのか知らないが、「怒られる」ではなく「批判される」と言ったからには、マスコミに対するささやかな“チクリ”だったのだろう。

 ドッと笑いが起こったので、初めてこの大会の取材に来たというオーストラリアの記者が、あとで何の話をしていたのかと聞いてきた。

 その問いに答えてあげると、錦織がそんなジョークを言うのは意外だと愉快がっていた。

 海外メディアの中での錦織のイメージは「優等生」、ということらしい。

【次ページ】 海外メディアから、真面目過ぎると思われている!?

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
錦織圭
スタン・ワウリンカ
アンディ・マレー
ノバク・ジョコビッチ
トマーシュ・ベルディヒ
ニック・キリオス
ラファエル・ナダル
ファンマルティン・デルポトロ

ページトップ