沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ダートの新王者はサウンドトゥルー!
追い込み一辺倒が「必殺の形」。

posted2016/12/05 11:50

 
ダートの新王者はサウンドトゥルー!追い込み一辺倒が「必殺の形」。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

「ずっと乗せてもらっている馬で勝ててよかったです」と勝利インタビューでコメントした大野。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 下半期のダート王を決める第17回チャンピオンズカップ(12月4日、中京ダート1800m、3歳以上GI)を制したのは、大野拓弥が騎乗する6番人気のサウンドトゥルー(セン6歳、父フレンチデピュティ、美浦・高木登厩舎)だった。

 昨年のこのレースで3着になったあと、東京大賞典を勝っているが、JRA・GIはこれが初勝利。首差の2着は1番人気のアウォーディー、3着は10番人気のアスカノロマンだった。

 前半1000m通過は60秒6。好位につけた2番人気ゴールドドリーム(12着)のミルコ・デムーロも、3番人気コパノリッキー(13着)のクリストフ・ルメールも「ペースが速かった」と口を揃えた。

 武豊のアウォーディーも、それらから差のない好位の内にポジションをとった。

 サウンドトゥルーは先頭から12、3馬身離れた後方2番手を進んだ。

フッと減速したアウォーディーの脇から差し切った。

 4コーナーを回りながらアウォーディーが外から先団にとりつき、雁行型になった前の馬たちをかわしにかかる。

 流れが速かったため馬群は一団にならず、アウォーディーを含む前8頭と後ろ7頭がふたつに分かれる形になった。

「3、4コーナーは内を回ろうと思っていた」という大野に導かれ、直線入口で内埒沿いにいたサウンドトゥルーは、その馬群の割れたところを通って、難なく馬場の真ん中へと進路を変えた。

 すると、3馬身ほど前に、内の馬たちをじわじわとかわして行くアウォーディーがいた。

 1完歩ごとに差を縮め、アウォーディーが内の馬たちをかわし切り、悪い癖でフッと力を抜いて減速したところに並びかけた、と思ったら、もう差し切っていた。

【次ページ】 前走までブロンズコレクターだと思わせながら……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
大野拓弥
サウンドトゥルー
アウォーディー
アスカノロマン
ゴールドドリーム
ミルコ・デムーロ
コパノリッキー
クリストフ・ルメール
武豊

ページトップ