メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ナックルボーラー大家友和の大勝負。
41歳でMLB、夢への公開トライアウト。

posted2016/11/21 07:00

 
ナックルボーラー大家友和の大勝負。41歳でMLB、夢への公開トライアウト。<Number Web> photograph by Katsushi Nagao

過去の実績を知る人には「なぜ?」の疑問が浮かぶかもしれない。しかし大家は再び大リーガーになりたいの一心で、ナックルに磨きをかけている。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

Katsushi Nagao

 その一球は、カメラのファインダーから突然、姿を消した。

“What a……!?”と言いながら、左打席のバッターが大げさに動いたのが分かる。シャッターを押して打撃ケージの中を覗き込むと、キャッチャーが捕球した直後だった。内角低めの際どいコースだが、ストライクゾーンを外れている。大きく打席を外したバッターは、苦笑いしていた。

 首を振っている。気持ちは分かる。ファインダー越しに見たその一球は、確かに一瞬、打者に向かってやって来たのだ。そう、彼は球を避けようとしたのだ。

“It was nasty, ha?”

「えげつない球だったよな?」。捕手がバッターに問いかける。バッターはそれには答えず、仕切り直して次の一球を待った。

 次の一球が来る。バットを思い切り振り、乾いた音が響く。アリゾナの青空に白球が舞い上がり、無人の外野にポトリと落ちた。中堅手がいたら楽に追いついて捕球している。やや左中間寄りに飛んだ平凡な中飛といったところだ。

40歳の大家にメジャーのスカウトが駆けつけた。

 マウンドにいたのは大家友和だった。10月2日、日本人歴代5位のMLB通算51勝を挙げた40歳右腕は、たった一人の公開トライアウトを受けていた。

 大家は秋季リーグに参加していたオリオールズの有望株たちを相手に、実戦形式でナックルボールを投げ込んでいた。その姿をレイズ、オリオールズ、ロイヤルズ、パドレス、マリナーズのスカウトたちが見つめていた。

 以前のコラムで書いたが、横浜(現DeNA)でも通算8勝を挙げた大家は、2011年の右肩手術を契機にナックルボーラーに転向した。それは単にナックルボールという球種を増やしただけではない。角度や風向きに影響されるため、不規則な変化となる魔球が全投球の約9割を占める“ナックルボーラー”となったのである。

【次ページ】 「速いナックルを投げる練習をしないと……」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
大家友和

ページトップ