錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

再びのマレー撃破で、優勝を!
ファイナルズ、錦織圭の勝機を探る。

posted2016/11/11 12:30

 
再びのマレー撃破で、優勝を!ファイナルズ、錦織圭の勝機を探る。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

今年の全米オープンでは準々決勝でアンディ・マレーを破ってベスト4まで進出した錦織。ファイナルズで、再びあの激闘を再現か。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 ツイてない……。

 多くのファンはそう思ったことだろう。

 今週の日曜日に開幕するATPツアーファイナルズの運命のグループ分け抽選の結果のことだ。錦織圭はアンディ・マレー、スタン・ワウリンカ、マリン・チリッチと同じ組になった。出場8選手を2グループに分けてラウンドロビンを行い、各グループの上位2選手が準決勝に進むというフォーマット。それぞれのメンバー構成は、1~2位から1名、3~4位、5~6位、7~8位からも同様に1名となるのだが、錦織と同組のランキングは1位、3位、5位、7位。より上位ばかりが4人集まったわけだ。

 ランキングだけの問題ではない。

 今週明けのランキングで初の世界1位に輝き、次は初のファイナルズ優勝、そして年間王者へとモチベーションを高めているマレー。そして、錦織に勝ってバーゼル大会優勝を果たし、パリ・マスターズでは過去14回負け続けていたノバク・ジョコビッチを破ったチリッチが共に入るのだ。

 この2人は8人の中でももっとも勢いのある2人と言っていいだろう。

 ワウリンカは全米オープン優勝のあとはパッとしないが、それでも太腿のケガのため現時点で出場もまだ危ぶまれている4位のミロシュ・ラオニッチよりははるかに状態はいい。

もう一方のグループは、不調の選手が多いが……。

 対照的にもう一方のグループは、そのラオニッチのほか、肋骨を痛めてパリ・マスターズを欠場したガエル・モンフィス、シーズン後半はケガや体調不良に悩まされてきたドミニク・ティーム、そして手首の故障で全米オープン準優勝以降は2大会しか出場できず、いずれも決勝に進めていないノバク・ジョコビッチ。

 この4人は、シーズンの中で今が一番「ノッていないとき」である。

 グループ間の差があまりにも開いた抽選結果だが、嘆いたところでしかたがない。厳しいグループをどうやって抜け出すか。そして、あらためて個々に見てみると、錦織にかなり希望が見えてくるのである。

【次ページ】 現時点で最強のマレーとの対戦成績は2勝7敗。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
錦織圭
アンディ・マレー
スタン・ワウリンカ
マリン・チリッチ
ガエル・モンフィス
ドミニク・ティーム
ノバク・ジョコビッチ
ミロシュ・ラオニッチ
ロジャー・フェデラー
ファンマルティン・デルポトロ
ラファエル・ナダル
頂への挑戦
ATPツアーファイナルズ

ページトップ