フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

GPシリーズでいよいよ羽生結弦登場!
スケートカナダ、徹底検証プレビュー。

posted2016/10/27 17:00

 
GPシリーズでいよいよ羽生結弦登場!スケートカナダ、徹底検証プレビュー。<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO

4回転トウループ、4回転サルコウ、4回転ループを跳ぶ羽生。羽生の活躍によって、男子フィギュアスケート界は間違いなく新時代に突入した。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

YUTAKA/AFLO

 10月28日から、GPシリーズ第2戦「スケートカナダ」がトロント郊外のミシサーガで開催される。この大会では、いよいよ羽生結弦が登場する。

 9月末からカナダのモントリオールで開催された「オータム・クラシック」でSP、フリーともに4ループを成功させた羽生結弦。これまでアイスショーやエキジビションで見せたことはあったものの、試合で成功してISUの認定を受けたのは初めてのことである。もっとも他のジャンプの失敗がいくつかあったため、優勝したものの総合得点は260.57と、彼の持っている世界ベストスコアより70ポイントも低かった。

 だがこの「オータム・クラシック」は、本格的なシーズン開幕に向けての足慣らしのようなもの。新プログラムをお披露目して4ループを成功させた羽生は、無事にそこでの目的を果たした。

 さて、いよいよこの「スケートカナダ」が本番である。

新プログラムで羽生の新たな一面を。

 今シーズンの羽生の新プログラムは、SPがジェフリー・バトル振付による、プリンスの『Let’s Go Crazy』。最後まで息をつく間もないアップテンポの音楽で、これまで見せたことのないファンキーなノリの羽生を見ることができる。

 フリーがシェイリーン・ボーン振付、久石譲作曲の音楽を使った『Hope and Legacy』である。荘厳な雰囲気のある曲で、昨季の『SEIMEI』のように演じるキャラクターがあるわけではない。その意味では、今の羽生のスケートの持ち味だけで最後まで盛り上げていくという、難易度の高い作品である。

 羽生が本来の滑りを見せるなら、この大会で彼を脅かす存在はいない。自分自身との戦いとなるだろう。

【次ページ】 一方、パトリック・チャンの今シーズンは?

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
羽生結弦
パトリック・チャン
無良崇人
ハン・ヤン
ケヴィン・レイノルズ
グラント・ホチステイン
ロス・マイナー
アレクサンドル・ペトロフ
ダニエル・サモヒン
ミーシャ・ジー
、宮原知子
エフゲニア・メドベデワ
本郷理華
エリザベータ・トゥクタミシェワ
ケイトリン・オズモンド
長洲未来
オリンピック
平昌五輪
スケートカナダ
フィギュアGPシリーズ

ページトップ