マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

田中正義を送り出す創価大・岸監督。
「割と軽く考えてピッチャーにした」

posted2016/10/26 07:00

 
田中正義を送り出す創価大・岸監督。「割と軽く考えてピッチャーにした」<Number Web> photograph by Kyodo News

抽選でソフトバンクが交渉権を獲得した田中正義。投手としてはまだキャリア4年、どこまで伸びるのだろうか。右端が岸監督。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「あっという間だよねぇ……。ほんと、いろんなことがあった4年間ですよ」

 監督・岸雅司のよく陽に焼けた温顔がほほえんでいる。

 手塩にかけた4年間。投手・田中正義、そして池田隆英がまもなく学窓を巣立ち、プロ野球に進む。

 田中正義、福岡ソフトバンクホークス1位。

 日本ハム、千葉ロッテ、巨人、広島を含めた5球団の1位入札の末、ソフトバンクが抽選で2016ドラフトの目玉を射止めた。

 池田隆英、東北楽天ゴールデンイーグルス2位。

 前評判では1位指名の候補にも挙げられたが、2位のあたまから3人目。全体で15人目の上位指名で、田中正義と同じパ・リーグの楽天に進む。

「正義と初めて話をしたのは、高3の夏だったかな。創価高の生徒だけの練習会があってね。高校ではセンターを守っていて、正直、野手としては魅力はなかったのよ、バッティングも粗っぽかったしね。でも本人と話すと『僕、ピッチャーなんです』ってね。じゃあ、ピッチャーやったら? って、割と軽く考えてピッチャーにしたんですよ。欲しかったのは、エースの池田隆英のほうだったからね」

投げたくてウズウズしていたピッチャー顔の18歳。

 岸監督がいうには、選手には“ピッチャー顔”と“野手顔”があるという。

 できればもう1つ、“捕手顔”というやつも仲間に入れていただければ。

 地味な顔立ち、ジャガイモ系でも目だけがキラリと賢く光っている。かつては、西武・伊東勤(現千葉ロッテ監督)に横浜・谷繁元伸(元中日監督)、今の捕手なら、西武・炭谷銀仁朗にヤクルト・中村悠平。

 とても共感できる話である。

「ピッチャー顔だ! って思ってね、正義の顔見てて。本人はウズウズしてたんだろうね、投げたくて。うれしそうにしてましたよ。そこから、そうだねぇ、もう4年か……」

 監督の視線が、ブルペンで投げる田中正義の姿から、グラウンドの外野の向こうへ飛んでいった。

【次ページ】 返球がスタンドに飛び込んだ肩が忘れられない。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
田中正義
岸雅司
池田隆英
創価大学
ドラフト会議

ページトップ