ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

香川真司が居場所を確保する可能性。
ドルトムントの“新サイクル”考察。

posted2016/09/28 17:30

 
香川真司が居場所を確保する可能性。ドルトムントの“新サイクル”考察。<Number Web> photograph by AFLO

香川真司がクロップとともに欧州を席巻したドルトムントのサイクルは終わりを迎えた。次のフェーズに進む時が来たのだ。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

 不満や危機感を覚えなくて、いいのだろうか。

 今季のチャンピオズリーグ(CL)のホームでの初戦で、ドルトムントはレアル・マドリー相手に2-2の引き分けに終わった。

 ところが、ドルトムント側から聞こえてきたのが、比較的なポジティブな感想だった。

「この結果については満足できるよ。内容を考えれば妥当な結果でもあるね」

 そう語ったのは、指揮官のトゥヘルだ。負傷がいえてから初めてメンバー入りし、途中出場から87分に同点ゴールを叩き込んだシュールレの感想もこうだ。

「レアル相手に2度にわたってリードを許したのに、それなりの戦いはできた。だから、良い気分だよ」

 彼らがポジティブでいられるのは、なぜなのか。そこに、現在のドルトムントの状況を解くカギがある。

今季が初のCLである監督と選手たち。

 レアル戦のスタメンのなかでは、GKのビュルキ、MFではバイグル、ゲレイロ、デンベレが“ポジティブ派”だ。途中出場した選手のなかでは、MFモルとプリシッチ。そしてトゥヘル監督。

 彼らに共通するのは、今シーズンキャリア初のCLを戦っていることだ。

 初めてCLに挑戦する者が多いドルトムントは、2試合を終えて勝ち点が4、総得点は8を数える。

 一方で、現在もドルトムントに所属し、'12-'13シーズンのウェンブリーでのCL決勝メンバーであるゲッツェ、シュメルツァー、ピシュチェク、ベンダーらが初めてCLに挑戦した'11-'12シーズンには、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることさえできないグループ最下位に沈んだ。今季のほうが、はるかに良い状況にある。

 なぜ、彼らが満足感を示したか。その理由は、昨シーズンをもってドルトムントの1つのサイクルが終わり、新たなサイクルを迎えているということだ。

【次ページ】 主力が移籍したのは、ドルトムントでの限界が影響?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
香川真司
ボルシア・ドルトムント

ページトップ