猛牛のささやきBACK NUMBER

糸井嘉男は体も目もやっぱり超人。
イチローも通った専門家に出会って。

posted2016/09/24 11:00

 
糸井嘉男は体も目もやっぱり超人。イチローも通った専門家に出会って。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

大谷翔平の164kmを打ったというのは、なんとも糸井嘉男らしいエピソードだ。すでに数々ある伝説に、また新たなものが加わった。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 9月13日の北海道日本ハム対オリックス戦で、日本ハムの大谷翔平が日本最速の164キロをたたき出した。

 ただ、そこには「しかし」が続く。

「しかしその164キロは、オリックスの糸井嘉男に右前に打ち返され、先制の2点タイムリーとなった」と。

 天井知らずの大谷のことだから、近いうちにまた記録を更新するかもしれないが、164キロが最速記録であり続ける限り、糸井のすごさも同時に語られることになる。

 このエピソードは、今季の糸井の好調ぶりを物語っている。

 日本ハムに入団後、投手から外野手に転向した糸井は、2009年から'14年まで6年連続で打率3割以上を残した。オリックスに移籍2年目の'14年には.331で首位打者に輝いた。

 ところが昨年は一転、不振に陥った。打率は.262に下がり、7月には一時期、登録抹消になるなど怪我にも苦しんだ。

 しかし今年は本来の姿を取り戻し、特に盗塁は、9月22日時点で自己最高の33個を大きく上回る53個で、盗塁王争いのトップに立っている。35歳の糸井がこのまま逃げ切れば、歴代最年長の盗塁王となる。

「盗塁王が2人いるんで、コーチに」

「盗塁王が2人いるんで、コーチに」と糸井は言う。

 今季からチームに加わった西村徳文ヘッドコーチ、高橋慶彦打撃コーチに刺激を受け、盗塁への意識が変わったという。

 まず塁に出なければ盗塁はできないが、打率も昨年とはうって変わって.312でリーグ3位につけており、出塁率も4割を超える。復活した打撃が、盗塁王のタイトル獲りを後押ししてきた。

「今年は活躍できるように、昨年のオフからしっかり目標もたててやってきた。それに、昨年はちょっと故障もあったけど、それをしっかり治せたから」

 不本意な結果に終わった昨シーズン後、復活を期した糸井は、悩まされていた左膝の治療に全力を注ぎ、断食を決行したり、トレーニングも見直した。さらに、探求心は“目”の分野にも及んだ。

【次ページ】 イチローも通ったスポーツビジョントレーナー。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
糸井嘉男
大谷翔平
オリックス・バファローズ

ページトップ