オリンピックPRESSBACK NUMBER

新五輪競技、スポーツクライミング!
15mの壁を6秒で登る超人ぶりに驚く。

posted2016/09/14 07:00

 
新五輪競技、スポーツクライミング!15mの壁を6秒で登る超人ぶりに驚く。<Number Web> photograph by AFLO

壁は垂直を超えて、“こちら側”に倒れている。その姿の人間離れ度合いは、五輪競技の中でも有数だ。

text by

津金壱郎

津金壱郎Ichiro Tsugane

PROFILE

photograph by

AFLO

 早くもオリンピック効果が表れている。2020年東京オリンピックの実施競技に決まったスポーツクライミングには、新たにKDDIがオフィシャルスポンサーに加わった。メジャー競技への転換点に支援企業が次々と現れるのは、“垂直方向”へ競技力を争う無二のスポーツに大きな可能性を見出しているからだろう。

 期待しているのはメディアも同じだ。9月14日からスポーツクライミング界最大のタイトル、2年に1度の世界選手権が開催されるが、この大会に向けた日本代表合同合宿には、25社を超える報道陣が集まった。

 これほど多くの人が押しかけたのは、今シーズンのW杯ボルダリングで、男子は楢崎智亜と藤井快が年間王者を争い、女子は野中生萌が年間2位と、男女ともに4年後のメダル獲得の有力候補というのが大きい。だがメダルの期待がかかる日本人選手だけを追っていると、競技の魅力や醍醐味を見落とすことになる。

15mの壁を6秒で登る、という異様な光景。

 スポーツクライミングの種目は3つあるが、もっともわかりやすいのが「スピード」だ。高さ15mの人工壁に、まったく同じホールド(選手が掴んで登るための突起物)が配置された同じコースで、2名の選手が同時にスタートしてどちらが速くゴールできるかを競う。

 国内にはスピード用人工壁がないため認知度も人気も低いが、ロシアや中国では盛んに行われ、国際大会では大きな歓声に包まれる。コースは国際ルールで定められ、どの国のどんな大会でも同一のものを使用する。難易度は11A(課題の難易度)とトップクライマーにとっては易しめで、スピードに乗りやすいようにホールド間の間隔が遠めに設計されているのが特徴だ。

 どれくらいのタイムで登るかというと、現在の世界記録は男子がダニル・ボルドィレフ(ウクライナ)の5秒60。女子がユリア・カプリナ(ロシア)の7秒53。そのスピードたるや、「本当に人間か!」というほど。登るというよりは、駆けあがると表現した方がしっくりくる。

 過去に国際大会でスピードに出場経験を持つ国内トップクライマーの杉本怜いわく、「6秒の壁を破ったら、陸上100mを9秒台で走るのと同じくらい凄いことですよ」とのこと。

 世界選手権では日本勢のエントリーは男女ともないが、世界記録保持者のボルドィレフ、カプリナは出場する。さらに男子では、非公認ながら世界記録を上回る5秒57のタイムを持つライボー・フローザ(チェコ)もエントリーしている。ボルドィレフとの直接対決が実現したら、どんなタイムが叩き出されるのか興味深い。

【次ページ】 壁を「作る」セッターたちの思考を追う。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
楢崎智亜
藤井快
野中生萌
オリンピック
東京五輪

ページトップ