パラリンピックPRESSBACK NUMBER

日本が銀獲得、ボッチャという競技。
ポイントは究極の創意工夫と戦略性。

posted2016/09/13 17:00

 
日本が銀獲得、ボッチャという競技。ポイントは究極の創意工夫と戦略性。<Number Web> photograph by AFLO

ボッチャのように男女が一緒に参加できる競技は、オリンピック、パラリンピックを通しても少ない。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 新たな歴史を刻んだ。

 9月12日、ボッチャのチーム決勝が行われた。

 広瀬隆喜、杉村英孝、藤井友里子、木谷隆行から構成された日本が、タイと対戦。タイは世界ランキング1位で、ロンドン五輪金メダルの強豪。4-9で敗れたものの、パラリンピックで初めてのメダルとなる銀メダルを獲得した。

 日本はこれまで五輪に2度出場し、北京では決勝トーナメントに進めず、ロンドンでは7位。これまでを振り返れば、初のメダルは大きな飛躍でもある。

 その根底には、使命感と創意工夫があった。

ボッチャは、広く言えばカーリングに似ている。

 ボッチャは、1対1の個人戦、2人同士のペア、3人同士で行うチームがある。男女の区別はない。

 どの場合も、1エンドあたりそれぞれ6個のボール(赤あるいは青)が投げられ、ジャックボールと呼ばれる白いボールを的にして、どれだけ近づけるかを競う。

 カーリングのような似た競技と異なるのは、的である「ジャックボール」の位置が固定されていないことだ。赤いボールを持っている方が最初にジャックボール自体も投げてその位置をめぐって競い、次のエンドは青いボールを持っている側がジャックボールを投げられる。

 6個のボールを投げ終わったあと、いちばん近いのはどちらかを判定する。

 そして遠かった方の、ジャックボールにいちばん近いボールとジャックボールを結んだ線を半径とした円の中に、ジャックボールに近い方のボールが何個あるかが得点となる。

 脳性麻痺者や同じ程度の四肢重度機能障がいなどで、運動機能に重い障害がある人のために考案された。

 日本では、'90年代にヨーロッパから導入されたと言われる。1997年に日本協会が設立された。

 パラリンピック出場は3度目となるが、選手たちには「少しでも知られてほしい」という意気込みがあった。

【次ページ】 競技歴の長い海外に対抗するために編み出した戦略。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ