セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

本田圭佑は決して「戦力外」ではない!
ドリブル重視の戦術で生きる道は?

posted2016/08/23 11:30

 
本田圭佑は決して「戦力外」ではない!ドリブル重視の戦術で生きる道は?<Number Web> photograph by Getty Images

ゴールを決めたバッカは、ベンチの本田圭佑のところへ駆け寄った。エースとの信頼関係は、ポジション奪還の武器になる。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ミランが今季のセリエA開幕戦に3-2で勝利した。

 難敵トリノを相手にFWバッカがハットトリックを決め、試合終了間際に与えた相手PKを守護神ドンナルマが防いでつかんだ劇的な勝ち星だった。

 だが、そこにMF本田圭佑の出番はなかった。

 30歳になったミランの10番は、開幕をベンチで迎えた。試合後半、体を温めてプレーの機会を窺ったが、最後までピッチに立つことはなかった。本田が開幕戦でプレーしなかったのは、2年半前のミラン入団以降初めてのことだった。

 4-3-3の右ウイングとしてフル出場を果たしたのは、若手MFスソだ。3トップの右ウイングは、2季前のインザーギ体制下で本田の定位置だった。

 トリノ戦でのスソは右サイドを疾走し、67分にはFWバッカへ絶好のラストパスを放ったが、ゲームを通してとびきりのパフォーマンスを発揮したというわけではない。

 それでも、新監督モンテッラはスソを選んだ。なぜか。

 昨シーズン後に負った故障の影響で、本田のコンディション調整が遅れていることは理由の1つだろう。米国ツアーの間にスソが見せたプレー全般に、モンテッラが一定レベルの継続性を見出したこともある。

モンテッラはウイングにドリブルスキルを求めている。

 だが、自分の色を出したいモンテッラが今季の左右両ウイングに求めるのは、相手を自陣に引きつけた後、マーカーとの1対1を制してカウンター攻撃での数的優位を一気に作り出せる高度なドリブルスキルに他ならない。

 昨季後半戦、ジェノアへレンタルに出されたスソは、19試合で6ゴールをあげ確かな成長の跡を見せた。今夏の米国ツアー中にも2ゴールをあげている。

 もちろん若いスソには単調さやミスも目立ったが、22歳の彼の一芸には多大な伸びしろがある。チームに新たな攻撃パターンを仕込むべき今、チャンスを与えずしていつやるのか、という思いもあるだろう。

【次ページ】 守備への献身やボールキープは健在だが……。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
本田圭佑
ACミラン
ビンチェンツォ・モンテッラ

ページトップ