リオ五輪PRESSBACK NUMBER

福原愛「傷をえぐるみたいで……」
キム対策を石川に聞かなかった理由。

posted2016/08/11 14:00

 
福原愛「傷をえぐるみたいで……」キム対策を石川に聞かなかった理由。<Number Web> photograph by JMPA

福原愛は、ロンドン五輪で獲得した銀よりも輝くメダルを持って日本に帰れるだろうか。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

JMPA

 必死に涙をこらえていた。涙がこぼれそうになるのを、抑えようと努めていた。

 オリンピック4度目の出場で初めてベスト4に進出した福原愛は、8月10日の午前10時から行われた準決勝で、ロンドン五輪金メダリストの李暁霞(中国)に0-4で敗北した。

 午後8時30分からの3位決定戦では、石川佳純が初戦で敗れたキム・ソンイ(朝鮮民主主義人民共和国)と、銅メダルをかけて戦うことになった。

 試合を前に、懸念はあった。

 キムは、福原が苦手としてきたカットマン(ボールにバックスピンをかけて打ち返して相手のミスを狙い、チャンスと見ればスマッシュなどを狙う)であること。しかも、過去一度も対戦経験のない選手であること。他競技でもよくあるが、北朝鮮の選手は国際大会にあまり出場していないため、分析の材料が多くない。

 得意な戦型の選手が相手であれば、対戦経験がなくても試合中に素早く対応できるが、苦手なタイプに対しては、通常以上に遅くなりがちだ。

「これまでにない」練習の成果は出ていたが……。

 試合が始まる。

 第1ゲームから、キムはカットマンらしくバックスピンのかかったボールで福原の強打を返し続ける。福原も粘り強く打ち合おうとしたが、チャンスボールを与えて強打を許したり、ネットにかけたり、スマッシュを狙いに行ってミスが出たり、と中盤からリードを許す展開となる。

 第1ゲームを7-11で落とし、第2ゲームも7-11。流れを食い止めたかった第3ゲームも中盤にミスが相次ぎ、5-11。

 第4ゲームは14-12でなんとか奪ったが、第5ゲームは力尽きて5-11。競り合う展開に持ち込むことができずに敗れ去った。

 今大会、初戦から準々決勝まですべて4-0で勝利してきたことが象徴するように、福原の調子は上々だった。「これまでにない」と語るほど積んできた大会前練習の成果は出ていたのだ。それだけに、悔しさは大きいものになる。

「みんな強くて、1戦1戦勝つのが難しいのがオリンピックです。ベスト4に入って、決定戦で勝つことができなくてものすごく悔しいです」

【次ページ】 カットマン相手に、ある程度のミスは必要経費。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
福原愛
石川佳純
キム・ソンイ
伊藤美誠
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ