野球場に散らばった余談としてBACK NUMBER

「悔いはないか? 後悔してないか?」
上園啓史を動かした上原浩治の言葉。

posted2016/08/15 07:00

 
「悔いはないか? 後悔してないか?」上園啓史を動かした上原浩治の言葉。<Number Web> photograph by Alfred Cop

今季はオランダリーグの「オースターハウト・ツインズ」でプレーすることになった上園。

text by

酒井俊作

酒井俊作Shunsaku Sakai

PROFILE

photograph by

Alfred Cop

 リュック1つで日本を旅立ってから、まだ4カ月しかたっていないのに、初めて降り立った異国にすっかりなじむ。近所のパン屋で朝食をとり、英語の勉強に励む。午後は自らの練習や少年野球で教えたりする。

 阪神でプレーしていた2007年に新人王を受賞した上園啓史はいま、オランダで新たな夢を追いかけている。

 唐突に「オランダに行きます!」と聞いたときは、思わず首をひねった。見渡せば、どこまでも平地が続く。風車、チューリップ、アンネの日記、画家のゴッホ……。ヨハン・クライフを生み出すなどサッカーの強豪だが、いったい、この国のどこに野球があるのだろう。

 あまりにも遠く離れているから無縁に映るが、実は違う。週末は少年野球や少女ソフトボールが盛んに行われている。トップチームは2013年のWBCでは、オランダ領キュラソー島出身で、バリバリの大リーガーだったアンドリュー・ジョーンズ(当時楽天)らを擁してベスト4に躍進した。

 意外にも、オランダ野球の歴史は古い。米国から伝わったのは1905年だという。日本より早い1922年には国内リーグが始まり、脈々と続く。いま、南部のオースターハウト・ツインズでプレーする上園も「70年くらいのチームもあります」と強調する。

 余談ではあるが、今年から発足するユーロリーグベースボールで、オランダ出身でソフトバンクに所属するリック・バンデンハークの父ウィム氏が会長を務めている。2020年の東京五輪では野球が復活し、ヨーロッパで高まる野球熱は、さらにヒートアップするだろう。

日本の常識とは異なる野球に衝撃を受ける。

 昨年10月に楽天を戦力外になるまで、NPBで9年間のキャリアがある上園も、オランダ野球には驚きの連続だったという。

 「僕のチームは試合前のノックにスタメンの選手しか参加していないんです」と苦笑いする。野手全員が丁寧に打球を捕る光景は、ここにはない。試合でもカルチャーショックを受けた。僅差の終盤に送りバントのサインが出ないことが多いという。

 年齢が近い監督に「もっと指示を出せばいいんじゃないですか」と問うと、答えはこうだった。

「thinking themself」

 彼らが考えることだよ──。犠牲を払うバントよりも自主性を重んじる。異質な野球観に触れる新鮮さがあった。

「日本くらい教育して、そのあとに『任せる』なら、いいと思うんですけど、まだ、その前段階。発展途上の部分も多いですね」

【次ページ】 ルーキー時代のがむしゃらさでマウンドに。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
上園啓史
アンドリュー・ジョーンズ
リック・バンデンハーク
上原浩治
阪神タイガース
東北楽天ゴールデンイーグルス
アムステルダム・ベースボール

ページトップ