ニッポン野球音頭BACK NUMBER

わずか4日間で防御率1.69から3.73。
DeNA山崎康晃、悪夢を“笑顔の財産”に。

posted2016/08/11 08:00

 
わずか4日間で防御率1.69から3.73。DeNA山崎康晃、悪夢を“笑顔の財産”に。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

山崎は昨シーズン、8月後半から9月上旬にかけて苦しんだ。勝負の終盤戦を前に決め球ツーシームのキレを復活させたい。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 1つの敗戦がチームに与える影響にはいろいろな種類がある。

 相手エースに完封されれば、すっきりと切り替えて次の試合に臨めるかもしれないし、ミスの連続で自滅すれば、チームは意気消沈せざるをえないだろう。

 ならば、絶対的守護神の不振による敗戦はチームにどんな影響をもたらすのか――。

“小さな大魔神”こと、DeNAの山崎康晃が打ちのめされたのは8月5日の中日戦だった。

 出番がめぐってきたのは1点リードの9回。前日までの対阪神3連戦すべてに登板し、3回7失点とクローザーの役割を果たせていなかった山崎は、4連投となるこの日のマウンドに再起をかけていた。

 だが満塁のピンチを招くと、なんとか2死までこぎつけながらも走者一掃の逆転打を浴びて、このイニングを投げ切ることなく涙ながらに降板。3回2/3を投げて10失点という悪夢のような4日間で、防御率は1.69から3.73までいっきに跳ね上がった。

2つ並ぶはずだった白星が2つの黒星に裏返った。

 試合後、ラミレス監督は「(山崎の起用について)考え直さなければならない」と口にし、4連投の疲労を考慮してまずは休養を与えると明言。山崎本人は「疲れは僕自身は感じていない。できることをしっかりとやっていきたい」と前を向いて繰り返した。

 痛い敗戦であるのは言うまでもなかった。

 前日4日の阪神戦でも、山崎が登板した9回に2点差を追いつかれ、延長戦で逆転負け。2つ並ぶはずだった白星が2つの黒星に裏返ってしまったのだ。セ・リーグ3位につけるDeNAは初のCS進出が現実味を帯びつつあるが、昨季は首位ターンからの最下位という転落劇を味わっただけに、この連敗は嫌な予感をともなうものだった。

 しかし、6日は4点ビハインドを跳ね返しての逆転勝利。7日もこまめな加点で4-1と試合をものにして、下位チームとの6連戦を3勝3敗の五分で乗り切った。

 2日連続で登板を回避した山崎に代わって9回のマウンドに上がったのは、これまでセットアッパーを務めてきた左の田中健二朗と右の三上朋也だった。2人とも5連投となったが、1人の走者も許すことなく試合を締めくくった。

【次ページ】 “神対応”のオーラはチームメートにも波及する。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
山崎康晃
横浜DeNAベイスターズ
田中健二朗
三上朋也
山下幸輝
関根大気
筒香嘉智

ページトップ