リオ五輪PRESSBACK NUMBER

浅野拓磨が3戦目に描く「イメージ」。
かかとの痛みはピッチでは忘れる。

posted2016/08/10 11:40

 
浅野拓磨が3戦目に描く「イメージ」。かかとの痛みはピッチでは忘れる。<Number Web> photograph by JMPA

アーセナル入りが決まっていることもあって、浅野拓磨には世界の熱い視線が注がれている。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

JMPA

 2014年1月から活動を続けてきた手倉森誠監督とその仲間たちにとって、2016年8月10日はもっとも重要な1日になるだろう。スウェーデンとのリオ五輪グループリーグの第3戦は、勝利が絶対条件のサバイバルマッチだ。

 ピッチに立つ全員がキーマンである。どんなシステムでも、どんな組み合わせでも、11人が自らのタスクを果たさなければならない。

 そのなかで、あえてキーマンをひとりに絞るなら──浅野拓磨の名前をあげたい。

 2試合連続でゴールをあげている。ナイジェリア戦は途中出場で、コロンビア戦はスタメンで、鮮やかにネットを揺らした。決勝戦まで音無しだったアジア最終予選とは対照的に、疾走感溢れる大会にすることができている。

 だが、浅野自身の表情は晴れない。チームが勝利をつかめていないからだ。

「2戦連発という意識はとくにないです。チームのみんながチャンスを作ってくれているので、もっともっと取れていると思います。そこは僕自身の課題でもあるので、ホントに目をそらさずに、ひたむきにやっていくしかないと思います」

いつ怪我をしたかわからない、という集中度。

 気になるのはコンディションである。

 スウェーデン戦の前日に行われた練習を、浅野は別メニューで終えている。コロンビア戦で、右足のかかとを痛めてしまったのだ。どの時間帯のどのプレーがきっかけなのかは、「覚えていないんです」と言う。それぐらい集中していたのだろう。

「プレー中もずっと痛みを感じながらやっていたので。たぶん打撲なので、全然問題はないと思います」

 そう話す取材対応中も、ときおり右足を動かす。

「ぶっちゃけたところで言えば、痛みは昨日とあまり変わっていないです。明日になってみないと分からないな、という感じです。ただ、僕自身はどういう状況であれ、ピッチに立てればそんなことは忘れてプレーできると思うので」

【次ページ】 引いてくるスウェーデンにも、得点のイメージはある。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
手倉森誠
浅野拓磨
U-23サッカー日本代表
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
サッカー

ページトップ