欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

本田圭佑がホルンの指揮を託した男。
濱吉正則監督は、元名古屋の“本田番”。

posted2016/07/22 18:00

 
プロのトップチームの監督は初めてとなる濱吉正則にとっても、欧州2部での戦いは大きなステップアップの契機となる。

プロのトップチームの監督は初めてとなる濱吉正則にとっても、欧州2部での戦いは大きなステップアップの契機となる。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 7月上旬、オーストリアで行われた親善試合。本田圭佑が実質オーナーを務めるSVホルンと、岡田武史氏がオーナーのFC今治が相まみえた。

 試合前、今回招待を受けた岡田氏がホルンのベンチに歩み寄る。「これはどうも、本田“監督”(笑)。今日はよろしくおねがいします」と、ニヤリと笑いながら手を差し伸べた。

 すると本田は、握手をしながらこう返した。

「いや、僕は監督ではないですから。“ハマさん”が指揮を執ります」

 日本サッカー界を代表するツーショット。その横で、本田と同じく岡田と固い握手を交わした男こそが、ホルンの監督“ハマさん”こと濱吉正則である。

 世間的な知名度は、正直高くはないだろう。サッカー界の人物でも、知る人ぞ知るという存在かもしれない。

 プロ選手経験はなく、若い頃から指導者を目指した濱吉。1990年、大阪体育大学サッカー部に在籍していた時、のちに千葉や名古屋、大宮といったJクラブを率いたスロベニア人監督のベルデニック氏が指導に訪れ、そこでヨーロッパサッカーの真髄に触れた。

「僕らはおそらく、日本で初めてゾーンプレスを教えられた選手たちです」(濱吉)

 その数年後に加茂周氏が横浜フリューゲルスや日本代表で掲げた先進的な戦術を、いち早く本場の指導者から体感していた。

日本の「S級」より現地では上の「UEFA PRO」。

 1995年にヨーロッパに渡り、アヤックス(オランダ)、バイエルン・ミュンヘンやベルダー・ブレーメン(ともにドイツ)など、有名クラブの練習を視察しながら指導者としての礎を築いていく。そして薫陶を受けたベルデニック氏の勧めで、スロベニアでコーチライセンスを取得。ちょうど時代は、UEFAが各国協会のライセンスを統合していくタイミングと重なり、濱吉はその数年後に晴れてヨーロッパのトップチームで監督業を務められる『UEFA PRO』を取得したのだった。

 ちなみに、現在日本サッカー協会が定める国内トップライセンスの『S級』は、残念ながらヨーロッパ各国では『UEFA PRO』と同等レベルとは見なされていない。そのため、日本人指導者が本場の舞台で監督業を務めるハードルは、依然高い。

【次ページ】 本田との出会いは13年前、本田は高校生だった。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ