今日も世界は走っているBACK NUMBER

リオ五輪陸上代表、10人の1991年組。
2020TOKYOは、この8月に始まるのだ。

posted2016/07/24 11:00

 
リオ五輪陸上代表、10人の1991年組。2020TOKYOは、この8月に始まるのだ。<Number Web> photograph by AFLO SPORTS

日本代表の発表会見に出席した(左から)衛藤昂、ウォルシュ・ジュリアン、飯塚翔太、桐生祥秀、福島千里、鈴木亜由子、海老原有希、新井涼平。

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph by

AFLO SPORTS

 7月13日、新たに3名が加わり、陸上競技のリオデジャネイロオリンピック日本代表47名が決まった。

 日本記録より高い参加標準記録や参加資格。そんな壁に阻まれ、女子リレーなど、なかには派遣すらできない種目もある。それでも、男子短距離陣は若き精鋭たちが勢ぞろいした。

 そしてリオも終わってもいないのに早急な話だが、“2020TOKYO”のことがすでに気になっている。リオの成果が4年後の東京にも密接に関わってくるからだ。

 オリンピックムーブメントの提唱者ピエール・ド・クーベルタン男爵の言葉「オリンピックで重要なことは、勝つことではなく参加することである。人生で大切なのは成功することではなく、努力することである」にあるように、2020年はオリンピック開催そのものに価値と意義がある。メダルの数や成績だけにこだわるものではない。

1964年の自国開催では、実はメダルは1つだけ。

 今回のリオが、遠く地球の裏側で行われることに加え、治安や健康不安もあり、現地まで応援に行くモチベーションを低くしている。それだけに、4年後目の前で繰りひろげられる興奮と感動が楽しみである。

 自国開催のオリンピックは、私たちに間違いなく「生」の感動を与えてくれるはずだ。

 ちなみに、前回1964年の東京五輪の陸上競技でメダルを獲得したのは、男子マラソン銅メダルの円谷幸吉のみ。入賞に広げても、同じく円谷幸吉の10000m6位、女子80mハードルの依田郁子5位のわずか2つ。

 戦前のオリンピックの華々しい戦績と比べ、寂しいものだった。復興と経済成長が優先された時代、スポーツ選手強化の余裕がなかったのか。自国開催という大きなプレッシャーがあったことも間違いない。後世まで語り継がれるべき英雄である円谷選手の人生が、五輪後の故障と重圧から、自ら命を絶つという結末となったのも残念だった。

【次ページ】 リオ五輪陸上代表の年齢分布を調べてみると……?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
衛藤昂
ウォルシュ・ジュリアン
飯塚翔太
桐生祥秀
福島千里
鈴木亜由子
海老原有希
新井涼平
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
陸上

ページトップ