オリンピックへの道BACK NUMBER

山縣、桐生、ケンブリッジ以外も精鋭。
4×100mリレー、日本新と表彰台を。

posted2016/07/30 11:00

 
山縣、桐生、ケンブリッジ以外も精鋭。4×100mリレー、日本新と表彰台を。<Number Web> photograph by AFLO

桐生、ケンブリッジ、山縣という中軸の3人はもちろん、現在の陸上短距離界は多士済々のメンバーがそろっている。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

「最高のメンバーがそろいました」

 6月の日本選手権が終わった翌日、陸上100mのリオデジャネイロ五輪日本代表、桐生祥秀は言った。

 その言葉のとおり、リオデジャネイロ五輪に挑む陸上男子4×100mリレーは、精鋭がそろった。

 今シーズン、100mは常に注目を集め続けてきた。初の9秒台が出るのではないかと期待を集めたからだが、短距離陣が充実していた証である。

 その中で、100mの代表に選ばれたのは3人。山縣亮太が故障から復帰、好調を維持すれば、桐生もときに失敗もありながら、成果を残した。さらに、ケンブリッジ飛鳥が怪我に泣いた昨シーズンをばねに飛躍し、日本選手権も制した。

10秒台前半トリオに加えて、高瀬や飯塚ら層が厚い。

 100mのリオ代表に選ばれたこの3人が、まずはリレーメンバーの軸となる。今シーズンのベストタイムを見れば、桐生は10秒01、山縣が10秒06、ケンブリッジは10秒10。これまでの日本短距離を振り返れば、これだけ高いレベルで3人もそろったことはない。

 さらにリレーが期待を集めるのは、層の厚さにある。リレーのメンバーの候補者は、100mの代表勢に加え、200m代表の飯塚翔太、高瀬慧、藤光謙司の計6人。今シーズンの出来からすれば、100mの3人と、ロンドン五輪でアンカーを務め、日本選手権200mで優勝、100mで10秒22の自己記録を持ち、好調を見せる飯塚が有力と言える。

 この4人ばかりではない。高瀬は昨年の世界選手権でもともと1走を予定されるなど、リレーでも実績のある選手であり、藤光も日本選手権時に故障しその回復途上にあるが、世界選手権などで何度もリレーに出場している。つまり、バックアップを考えてみても、高いレベルを維持できるメンバーがそろっているのだ。

【次ページ】 1走から4走まで、それぞれの強みを生かせる構成に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
桐生祥秀
山縣亮太
ケンブリッジ飛鳥
飯塚翔太
高瀬慧
藤光謙司
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
陸上

ページトップ