ニッポン野球音頭BACK NUMBER

広島追撃、そしてCS初出場へ――。
DeNA梶谷隆幸の打棒に火はつくか。

posted2016/07/13 07:30

 
広島追撃、そしてCS初出場へ――。DeNA梶谷隆幸の打棒に火はつくか。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2014年には盗塁王を獲得した梶谷が出塁すれば、DeNAの攻撃に分厚さが増すだけに完全復調に期待がかかる。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 7月10日の巨人戦終了後、梶谷隆幸は言った。

「状態は……上がってきましたね」

 筒香嘉智とともにDeNAの中軸を打つ27歳の口からポジティブな言葉を聞いたのは、ずいぶん久しぶりのことのように思えた。

 キャンプで左脇腹を痛めて出遅れた今シーズン、梶谷は復帰早々、主役に躍り出た。初出場を果たした5月4日に先制タイムリーを含む2安打を放ち、翌5日には初回、いきなりホームスチールに成功。積極性が持ち味の梶谷の合流は、不調だったチームのカンフル剤となった。DeNAは梶谷の戦線復帰から交流戦に入るまでの21試合を15勝5敗1分と大きく勝ち越し、猛スピードで借金を一度は完済した。

サヨナラ好機も“オレに回るな”と思うほどの不調。

 しかし、チームに火をつけるだけつけた後、梶谷自身は燻っていた。

「ネクストにいる時から、もう決めてくれと思っていた。普通の状態なら『おいしいわ』と思うはずなのに……今はそれぐらいの精神状態なんです」

 これは5月15日、9回2アウト満塁のサヨナラ機に凡退した阪神戦終了後のコメントだ(試合は5-5の引き分け)。ラッキーな当たりや内野安打などで数字を稼いでいたが、打率は2割台中盤がやっと。本調子とは程遠い状態にあることは明らかだった。

 それでもラミレス監督は、粘り強く梶谷の復調を待った。

「カジタニが復帰してからチームは見違えた。打席で思うような結果は出ていないが、彼の存在自体がチームにとっては大きな意味がある。だから彼がもっと打ち始めたらどうなるか、想像してほしい。ダイジョウブ、ノープロブレムだよ」

 指揮官がそう語ったのは5月28日のことだったが、その3日後に幕を開けた交流戦で、梶谷の打撃不振の深刻度は増した。69打数12安打(18試合)の打率.174。空振りが目立ち、通算でも打率は一時2割を切った。あまりの不調に、スタメン落ちが1試合、9番打者に置かれた試合も複数あった。

【次ページ】 コメントからはどうしようもない悲壮感が……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
梶谷隆幸
横浜DeNAベイスターズ
倉本寿彦

ページトップ