Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<リオ・パラリンピック期待の25歳>
山田拓朗「パラ・アスリートの矜持を見せる」

posted2016/07/28 11:00

 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Takashi Shimizu

4度目のパラリンピックに臨む25歳。胸中にあるのはアスリートとしての揺るぎないプライドだった。

 25歳にして、4度目の大舞台を踏む。逆算すれば分かるように、初めて出たのは13歳、中学1年生のとき。日本史上最年少出場記録である。

 その事実を、当の本人は軽く受け止める。

「自分ではあまり気にしていないですね」

 リオデジャネイロパラリンピック競泳日本代表の山田拓朗である。10年を超えて、第一線で活躍してきた。

 生まれつき左腕の肘から先がなかった山田が水泳を始めたのは3歳の頃。水を嫌う息子を心配した母が、「もし何かあったら、せめて自分の命を守れるくらい泳げた方がいい」と、近くのスイミングスクールに通わせたのがきっかけだった。山田には当時の記憶はない。

「ある程度泳げるようになってからの記憶しかなく、いやな思い出はないですね。はじめは泣いていただけだったそうですが」

中1でパラリンピック初出場、ロンドンでは4位。

 水泳とともにサッカーをした時期もあったが、サッカーは続かなかった。

「コンタクトスポーツが好きじゃないかもしれない。それにサッカーって、自分がうまくなったのかどうか分からないじゃないですか。水泳は新しい泳ぎを覚えたり、クラスが変わったり、分かりやすい。ある程度近くに明確な目標がある方が頑張れる」

 速くなれば、それは記録となって明確に表れる。水嫌いだったことが嘘のように水泳にのめりこんでいくと、中学1年生でアテネパラリンピックに出場。自由形の50m、400mともに予選敗退に終わったが、'08年の北京大会で100m自由形5位、'12年のロンドン大会では50m自由形4位と順位を上げた。

【次ページ】 「明らかに特別な雰囲気を感じました」

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ