オリンピックへの道BACK NUMBER

親族、選手への“傲慢”な報道姿勢。
リオ五輪中継でも繰り返されるのか。

posted2016/07/12 11:00

 
親族、選手への“傲慢”な報道姿勢。リオ五輪中継でも繰り返されるのか。<Number Web> photograph by JMPA

ロンドン五輪から4年、吉田沙保里は今度こそ近しい人々に金獲得の瞬間を見せられるのだろうか。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

JMPA

 リオデジャネイロ五輪の開幕が間近に迫っている。

 大会のときは、現地に取材に出向いているため、基本的に日本でどのように報道されているか、テレビでどのように取り上げられているのかを知ることはできない。あとから聞くしかないが、そのとき、「このように伝えられていた」と、よく耳にする内容がある。

 先だってレスリング女子日本代表、吉田沙保里の母・幸代さんに話をうかがったが、あらためて、これまで耳にした話を思い出すことになった。

 ロンドン五輪でのことだ。

 会場にいた幸代さんは、吉田の決勝を観られなかったと言う。

 なぜか。

吉田の決勝戦、カメラに囲まれて観られずじまい。

「周囲を囲まれてしまったもので……」

 テレビのカメラが、そのスタッフたちが周囲を囲んでしまい、視界をさえぎられていたのである。

 それは瞬間的なことではなく、試合中から試合後まで続いた。

 この決勝は、吉田本人ものちに語っているが、強く記憶に刻まれる試合であり、おそらく今後も薄れることのない試合であった。ロンドンでは父の栄勝氏がコーチとしてセコンドについていたが、決勝の後、吉田はマット上で父を肩車した。その栄勝氏は2014年に逝去した。それもあって、忘れがたい試合となった。

 父と娘の光景も、幸代さんは見ていない。

「『すみません』と言っても、もう全然。観たかったんですけどね。日の丸を掲げて、ランニングもしましたよね? そういうところも観られませんでした。いつもそうなんですけどね」

 苦笑しつつ、語った……。

【次ページ】 上村愛子も味わった取材陣の“傲慢”。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
吉田沙保里
上村愛子
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ