テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭「チケットの元はとれたかな」
ウィンブルドン初戦を面白くした創意。

posted2016/06/28 11:10

 
錦織圭「チケットの元はとれたかな」ウィンブルドン初戦を面白くした創意。<Number Web> photograph by AFLO

錦織圭にとって、芝コート+ビッグサーバーは最悪の相性に近い。それを完勝したことの意味は大きい。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

AFLO

 ウィンブルドン1回戦、錦織圭は時速263キロのサーブ世界最速記録を持つサム・グロス(豪州)をストレートで倒した。

 第5シードが世界ランキング124位に6-4、6-3、7-5は、順当な結果とも言える。ただ、対戦が決まった時点で錦織は「芝コートでは一番当たりたくない相手」と警戒心を示していた。

 芝は球足が速く、時速200キロ級のサーブがバウンド後もほとんど減速せず跳ねてくるので、返球は至難のわざとなる。しかも、回転のかかったサーブはしばしばイレギュラーバウンドを誘発する。相手のサービスゲームが容易にブレークできないとなると、自身のサービスゲームはキープが必須で、強いサーブを持たない選手には重圧となる。つまり、サービスゲームでもリターンゲームでも重圧下でのプレーを強いられるのだ。

 ただ、これらは一般論。もともとリターンが得意な錦織が、ビッグサーバーを警戒する理由を探るには、もう少し深層まで降りていく必要がありそうだ。

創意工夫の余地が少ないビッグサーバーとの試合。

 ビッグサーバーとの試合は単調になりやすい。もっと端的に言うなら、見ていてつまらない試合になる。それは本人も同じだろう。錦織自身、記者会見で「楽しい試合ではなかった」とコメントすることさえあった。

 勝つこと以上に、とまでは言えないが、戦術と技術で創意工夫し、試行錯誤することが、彼には一つのモチベーションとなっている。だから、創意工夫の余地の少ないビッグサーバーとの対戦、試行錯誤がなかなか実を結ばない行き当たりばったりの試合は、終始我慢の連続で、楽しいものにはならないのだろう。

 スキルと知恵を100%出して戦いたいのに、ビッグサーブにすべてを支配され、それを試せない理不尽さを恨む気持ちが頭の片隅にあり、それがビッグサーバーを苦手にしている要因ではないか。

【次ページ】 錦織「チケット分の元はとれたかなと」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
錦織圭
サム・グロス

ページトップ