モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

ホンダ・中上貴晶が今季初の表彰台。
MotoGPシート獲得への条件とは?

posted2016/06/11 11:00

 
ホンダ・中上貴晶が今季初の表彰台。MotoGPシート獲得への条件とは?<Number Web> photograph by Satoshi Endo

3位入賞によって、中上は全35ライダーのうちで今季ランキングが7位に上昇(6月6日現在)。

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 ロードレース世界選手権・Moto2クラスに出場する中上貴晶が、第7戦カタルーニャGPで3位になり、今季初表彰台に立った。昨年のサンマリノGP以来、12戦ぶりのことだった。

 今年は開幕前のウインターテストから好調で、今シーズンの目標は、「Moto2クラス卒業」というものだった。卒業というのは、最高峰クラスのMotoGPクラスに参戦するということを意味する。そのためには、最低でもチャンピオン争いをしなければならない。そして、中上のグランプリ参戦をバックアップしているホンダの「ゴーサイン」が必要となる。

 今年は7戦を終えて総合7位。チャンピオン争いに加わるには、これから表彰台に立ち続けなければならないし、念願の初優勝を達成し、いくつもの勝利を重ねなければならない。と考えれば、来季のMotoGP参戦の可能性はゼロではないが、相当ハードルの高い戦いが待ち受けることになる。

 所属するチームは「IDEMITSU HONDA TEAM ASIA」。

 ホンダがアジアのライダーを世界に送り出すために作ったチームで、現在、Moto2クラスに2人。Moto3クラスには、「Honda Team Asia」というチーム名で2名の選手が参加している。中上は、ホンダのTeam Asia構想の中心的存在で、日本のエースでもある。

地位を脅かすライバルは原動力となるが……。

 Moto2クラスは、ホンダCBR600RRのエンジンをチューニングした同一エンジンを搭載するカテゴリー。予選では、PPから1秒以内に20人前後がひしめきあう厳しいクラスである。

 Moto2クラスでチャンピオン争いが出来れば、MotoGPクラスでも十分に通用する。その厳しい戦いの中で中上は、スピードという点では、トップクラスにいる。

 スピードだけなら十分にチャンピオンを狙える中上だが、天候やコンディションの変化に影響を受けやすく、いつでもどこでも速いという選手ではない。それがこの数年の課題でもあった。

 そして、中上にもっとも必要なことは、「何が何でも勝つ」という強い気持ちだろうと思う。

【次ページ】 日本人ライダーのライバルがいない、という不運。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
中上貴晶
青山博一
ホンダ
モトGP

ページトップ