Number ExBACK NUMBER

最近の白鵬の相撲を丁寧に批判する。
能町みね子が「最強」に望むこと。

posted2016/05/20 07:00

 
最近の白鵬の相撲を丁寧に批判する。能町みね子が「最強」に望むこと。<Number Web> photograph by Kyodo News

勢の顔に向かって飛ぶ白鵬の右肘。肩であたる「カチ上げ」とはやはり違うと言わざるをえない。

text by

能町みね子

能町みね子Mineko Nomachi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 横綱・白鵬の相撲に対し、批判の声が増しています。私自身にもその思いは強くなっています。

 今年の春場所千秋楽。優勝のかかった結びの一番で、日馬富士を相手に立ち合いで左に大きく身体を躱し、「変化」で勝ったのは記憶に新しい。館内には前代未聞の大ブーイングが起こり、それに気圧されるように白鵬は土俵下でのインタビューの最中に相撲内容について謝罪し、ついには泣いてしまうという異常事態が起こりました。

 白鵬の相撲内容が批判されること自体は、以前から珍しくない。しかし、問題の春場所を終え、夏場所になって批判はさらに大きくなったように感じます。

 まず一点は「カチ上げ」。カチ上げは本来肩から腕全体で相手の身体にぶち当たって身体を起こす技です。しかし白鵬は肘の鋭角の部分で殴りつけるようにすることが多く、ほぼ肘打ちです。

 原稿執筆時点(夏場所10日目)で、立ち合いで顔を目がけた「カチ上げ」を試みた取組が3番(宝富士、琴勇輝、勢)。琴勇輝戦では肘が相手の腕に当たって不発に終わったけれど、勢の顔には命中して脳震盪を起こさせ、一発KOのような形になりました。確かに肘打ちは大相撲の禁じ手の規定には入っていませんが、相撲の技術の一つとして数えられたことはおそらく歴史上ないのではないでしょうか。

解説の舞の海さんは「肘打ち」と明言した。

 以前からこの技に批判的な解説の舞の海さんは、ついにカチ上げではなくこれを「肘打ち」と明言しました。琴勇輝戦では観客からブーイングも起きました(もっとも、多くの人は白鵬の立ち合い変化と勘違いしていたようですが)。

 しかし解説の北の富士さんは「反則じゃありませんからね、こればかりは……」と、やや渋々ながら認め、八角理事長も相手力士が対策できるはずとコメント。この技については、「下品」「危ない」といった批判が多い一方で、「反則ではない」「負けるほうが悪い」という意見もあります。

【次ページ】 朝青龍は「品格」の批判に当惑していた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
白鵬
能町みね子

ページトップ