プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武の次世代投手陣が……見えた!
佐藤勇、多和田真三郎のデビュー検証。

posted2016/05/18 10:30

 
西武の次世代投手陣が……見えた!佐藤勇、多和田真三郎のデビュー検証。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月11日、楽天戦で一軍初先発した佐藤勇。この日は初勝利を逃したが、岸孝之を負傷で欠いた西武投手陣で活躍が期待される。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 チーム防御率4.17は現在、パ・リーグ第4位。失点195は両リーグを通じて最下位。

 チーム失策42という数字を見れば、失点数がバッテリーだけの責任でないことは明確だが、エラーが出た後にピッチャーが踏ん張れず、そのままずるずると失点するシーンが目立つのが今年の埼玉西武ライオンズだ(成績はすべて5月15日現在)。

 いきなりネガティブな話題から入ってしまったが、先発ローテーションがなかなか固定できない今シーズンのライオンズにとって、もちろん現在のチーム状況はピンチではある。

 しかし、逆に考えれば若い投手、それも一軍経験の浅い選手にとっては自分の存在をアピールする好機とも捉えられないだろうか。

 そんな中、4月下旬から5月にかけて一軍デビューを飾った投手が2人いる。プロ入り4年目の佐藤勇と、2016年ドラフト1位で入団したルーキーの多和田真三郎である。

将来性を感じる佐藤勇の堂々たるプレー。

 先に一軍デビューを果たしたのは佐藤勇だった。

 佐藤は福島県、光南高校出身の左腕。140キロ後半の速球を武器にチェンジアップ、スライダーを操る本格派だ。

 今シーズンは自身、プロ入り初となる一軍キャンプからシーズンをスタートした。開幕一軍は逃したものの4月26日の千葉ロッテ戦で中継ぎとしてプロ初登板。その後も中継ぎで計3試合に投げたあと、5月11日の東北楽天戦でプロ入り初先発。4回3分の1を投げ自責5という内容でマウンドをあとにした。この日は序盤から変化球が荒れ、コントロールに苦しんだ。

 ただし、プロ初黒星を喫したものの、ボールが先行しても落ち着き、堂々と投げる姿には将来性を感じた。

【次ページ】 「やっと野球選手になったな」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
埼玉西武ライオンズ
佐藤勇
多和田真三郎

ページトップ