濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“学プロ上がり”の“どインディー”。
ガッツワールドが志すプロレスの王道。

posted2016/05/15 11:00

 
“学プロ上がり”の“どインディー”。ガッツワールドが志すプロレスの王道。<Number Web> photograph by Yukio Hiraku

ガッツ石島(左)とミスター雁之助がリング上で雄叫び! ふたりとも学生プロレスの経験者だ。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Yukio Hiraku

 5月8日、プロレス団体ガッツワールドが後楽園ホール大会を開催した。

 プロレス団体が後楽園で興行を打つのは当たり前――ではない。2004年に旗揚げしたガッツワールドの観客動員は通常、100人から300人ほど。ごく小規模な、いわゆる“どインディー”団体であり、後楽園大会開催もまだ2度目なのだ。

 ガッツワールドは、ガッツ石島ら学生プロレス出身者たちが創設した団体だ。しかも彼らには、下積みの期間がなかった。

「学生プロレス上がりが自分で勝手に名乗ってプロレスラーになっちゃったという(笑)。団体旗揚げって、どこかの団体で修行したレスラーが独立してやるもんなんですけど」(石島)

 当然、風当たりは強かった。他の男子団体から相手にされず、専門誌には掲載されない。女子プロレスラーにミックス(男女混合)マッチで参戦してもらうことで、少しずつ業界内での信用を得ていくしかなかった。

 ただ、そこで卑屈になることもなかった。新弟子修行を経験していない代わりに、彼らは最初から“団体を背負う”責任感を持ってやってきた。練習と試合だけでなく、広報活動や営業も自分たちの仕事。「それはそれで、他の団体とは違う厳しいハードルを越えてきたんです」と主力選手であるダイスケは言う。そういう選手たちがたどり着いた後楽園大会だからこそ、その意味も重い。

2014年からコツコツ積み上げてきた名勝負の数々。

 2014年10月、旗揚げ10年で後楽園初進出。そこから、シングル王座戦で名勝負が連発されることになった。

 同年12月の新木場1st.RING大会では吉野達彦とダイスケが60分フルタイムの死闘を演じ、翌年3月にダイスケがベルトを巻くと、7度の防衛戦すべてにおいて大きなインパクトを残している。

 今回の後楽園大会でも、メインのタイトル戦は33分32秒の大激闘。

 挑戦者・ミスター雁之助がダイスケを下して新王者となった。フィニッシュのファイアーサンダーに至る大技ラッシュの迫力は凄まじいものだったが、それ以上に印象深いのは前半の攻防だ。

【次ページ】 古典的だが息をのむグラウンド技の応酬。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ガッツワールド
ガッツ石島
吉野達彦
ダイスケ
ミスター雁之助
ターザン後藤
ハヤブサ

ページトップ