野球善哉BACK NUMBER

安打は減っても、実は出塁率は向上。
秋山翔吾が目指す「1番打者」の姿。

posted2016/05/05 08:00

 
昨年首位打者を争った柳田とともに、秋山の調子も上がりきらずにいる。この徹底マークも、一流打者の宿命だ。

昨年首位打者を争った柳田とともに、秋山の調子も上がりきらずにいる。この徹底マークも、一流打者の宿命だ。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

 安打数だけで比較すれば、昨季ほどではない。

 昨季、プロ野球のシーズン最多安打記録を樹立した西武・秋山翔吾のことだ。

 開幕からの1カ月(4月30日まで)で28試合すべてに出場し、109打数32安打、打率.294。40安打をマークして3、4月の月間MVPを獲得した昨年からするとややおとなしいスタートに見える。

 ただ、それは「秋山=安打」という印象をもった場合のことだ。

 現時点での彼の成績を紐解いていくと、今季の方が、ある成績が向上しているのだ。

「去年は700近くの打席に立って64だった。少なくはないけど、物足りなさは残りました。現在のところはいいペースかなとは思います」

 本人がそう話しているのは四死球数、そして出塁率のことだ。

 昨年は3、4月の25試合で8四死球、出塁率が.417だったのが、今季は28試合28四死球、出塁率.435の数字をマークしているのである。連続試合四球記録のタイ記録で話題になった柳田悠岐より、秋山の四球数が上回った時期もあったほどだ。

昨年は後続の打者に「任せていた」部分。

 そして、この数字は偶然の産物ではない。

 秋山は昨季の最多安打を振り返る中で、その記録に自信をつかみつつも、バッターとしてはまだ成長すべき課題を挙げていた。

「達成した記録というのは、早いカウントから積極的に行けた結果でした。それは後ろに、栗山(巧)さんという技術も経験もある方がいて、その後ろに浅村(栄斗)という打点王を取ったことがある素晴らしいバッターがいたからこそ。僕が早いカウントで打っていって凡打になっても、後ろの打者が何とかしてくれるだろうと信頼していました。僕の勝手な信頼ではあったんですけど、その中で達成できた記録でした。

 でも2016年は、それだけではいけないと思っています。積極性を失ってはいけませんが、後ろのバッターに任せていた部分を自分でこなせるようにしたいです。そのうえで結果が出たら最高だなと。それがたとえ200安打という数字にならなくても、大きな意味があると思っています」

【次ページ】 出塁率よりも、極端に安打にこだわった昨季。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ