サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「FWの自信」を取り戻した浅野拓磨。
決勝2ゴールの伏線は“あのプレー”。

posted2016/02/09 10:30

 
浅野拓磨のスピードと得点感覚というスペシャリティは、日本人屈指。五輪本大会での起用方法にも注目が集まる。

浅野拓磨のスピードと得点感覚というスペシャリティは、日本人屈指。五輪本大会での起用方法にも注目が集まる。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選、決勝の韓国戦で反撃の狼煙となる1点目のゴールと決勝ゴールを決め、2ゴールを挙げて日本を優勝に導いたのが、浅野拓磨だ。

「最後に決められてホッとしました」

 嬉しさ以上に安堵した表情を見せた浅野だが、決勝という大舞台で2ゴールが生まれたのは、実は準々決勝のイラン戦でのプレーが大きく影響していた。

「あのプレーがあったからこそ生まれたゴールだと僕も思います」

“あのプレー”とは、いったいどういうプレーだったのだろうか。

 準々決勝のイラン戦、0-0という重苦しい状況がつづく中、浅野は後半37分に久保裕也に代わって途中出場した。

 浅野は、ここまで、タイ戦こそスタメン出場したものの北朝鮮戦は出番なし、サウジアラビア戦では24分間の出場に終わり、結果を出せていなかった。タイ戦は得点を取れる絶好のチャンスだったが、久保が2点取り主役の座を奪われた。チームのために貢献したいという気持ちが募り、徐々にだが焦りも感じるようになっていた。

1対1でシュートを打たなかった浅野。

 それだけにイラン戦、ベスト8の壁を破る大事な試合に途中でも出場できたことは、浅野にとってはラストチャンスとさえ思っていた。状況的にはこの時間、相手の運動量が少し落ちている。必ずチャンスがやってくるから自分がゴールを決めて試合を終わらせてやる。浅野は、いつも以上に強い気持ちでピッチに入った。

 そして試合は延長に入り、前半6分に豊川雄太がヘディングゴールを決めた。ショックと疲労で足が止まったイランはなす術なく、さらに中島翔哉に2ゴールを決められた。3-0になって戦意を喪失し、最終ラインはバラバラになった。さらに点が入ってもおかしくはない状態になったのだ。

 迎えた延長後半11分。

 右サイドに抜けた浅野がドリブルで侵入し、GKと1対1になった。点差もあるし、シュートを打つコースも余裕もある。誰もが浅野のゴールを確信した瞬間だった。しかし、浅野は自らフィニッシュに行かず、中央にパスを出したのである。ゴールの確率が高い方にパスを出すという選択は、混戦状態や自分にマークがついてシュートが難しい場合に適用されるが、この時は自ら決められるシーンでシュートを放たなかったのだ。

【次ページ】 「自分のメンタルの弱さが出てしまった」

1 2 3 4 NEXT >>
関連キーワード
リオ五輪・パラリンピック
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ