プロ野球亭日乗BACK NUMBER

菅野智之のストレートが変わった!
徹底的に鍛えた“指力”の効果は?

posted2016/02/06 10:30

 
プレミア12の侍ジャパンにも選ばれた菅野智之。新ストレートは自己記録の14勝につながるか。

プレミア12の侍ジャパンにも選ばれた菅野智之。新ストレートは自己記録の14勝につながるか。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 清原和博容疑者の逮捕でざわつく巨人の宮崎キャンプ。報道陣もどこか落ち着きがなく、球界OBたちも顔をあわせるとヒソヒソと神妙な顔つきで言葉を交わしている。

 選手たちにとってみても、決して笑顔でいられない衝撃的なニュースであったことは間違いないが、それでもそれぞれが淡々とグラウンドで新しいシーズンに向けて己の体と技と、そして心を磨いている。

 キャンプは始まり、シーズンへの第一歩は踏み出されているのである。

 その清原の衝撃ニュースが流れる半日前のキャンプ2日目、ブルペンを覗いた。すると6つ並んだマウンドの真ん中で、惚れ惚れするようなボールを投げている投手がいた。

 背番号19。

 菅野智之である。

 キャンプ初日はブルペン入りせずにこの日が初投げだったが、相川亮二捕手を相手に62球。

「去年と球の質が変わった。別世界に行きそうな感じ。僕の知っている菅野の球じゃない」

 ベテラン捕手はこう驚愕のコメントを残した。

1箇所だけ意識的にパワーアップしたのは、指先。

「ストレートを磨きたい」

 昨オフに話をしたときに、菅野が今季に掲げた1番のテーマだった。

「ボールのスピードもそうですし、コントロールもそうだし球の質も磨きたい。常時140キロ後半出て、MAXで150キロの中盤、155キロぐらいは出したいですね」

 そのために何をやったのか?

 もちろんパワーアップのために様々なトレーニングを積み重ねたというのはある。ただ、特に下半身強化に力を注いだとか、上半身を鍛え上げたというわけではなかった。むしろそうして偏ってある部分を鍛え上げるのではなく、体全体をバランス良くパワーアップする作業を行ってきた。

 ただ1箇所だけ、部分的に“パワーアップ”を意識した部分があったという。

 それは……指先だった。

【次ページ】 2キロのボールを100回以上指先だけで持ち上げる。

1 2 3 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ