野球クロスロードBACK NUMBER

山田哲人“3年計画”最終年の野心。
広島・菊池越えでゴールデングラブを。

posted2016/02/03 10:30

 
2015年は守備率、エラーの少なさでは広島の菊池を上回っているが、菊池には圧倒的な守備範囲があるため、GG賞獲得には今以上の精度が求められる。

2015年は守備率、エラーの少なさでは広島の菊池を上回っているが、菊池には圧倒的な守備範囲があるため、GG賞獲得には今以上の精度が求められる。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 表彰式やテレビ出演で、昨年の12月は彼を見ない日はなかった。「ありがたいことですけど、ちょっと休みたいっす」。ヤクルトの山田哲人は苦笑交じりに本音を漏らしていたものだが、年が明けた1月の彼は“雲隠れ”したかのように姿を消した。

 言うまでもなく、休んでいたわけではない。

 松山での自主トレでは「(参加した選手のなかでは)一番ウェイトをやったと思う」と言い切り、東京に戻ってからも人目に触れない場所で黙々とパワーアップに努めた。

 すでに山田は戦闘モードに入っている。

 若松勉、池山隆寛、岩村明憲、青木宣親。レジェンドたちによって価値を高められてきた栄光の背番号「1」を受け継ぐ今年は、山田にとって真価が問われる1年になる。

 達成すればプロ野球史上初となる2度目のトリプルスリーに加えて、ゴールデングラブ賞という壮大な目標は、伝統の背番号1を継承した彼の所信表明でもあるはずだ。

「菊池さんを越えられるかはわからないけど……」

 特にゴールデングラブ賞への想いは強い。

 しかし山田が守るセカンドには、広島の菊池涼介がいる。3年連続でタイトルを獲得している球界ナンバーワンの名手の牙城を、そうやすやすと崩せるわけではないだろう。

「ゴールデングラブ賞は獲りたいですよ。菊池さんを越えられるかわからないですけど、近づきたいですね」

 意欲が控えめなようでも、公に目標を述べている時点で菊池に対して宣戦布告しているようなものである。

 言った以上は成し遂げる。山田は有言実行の選手だ。それは、過去の実績が明確に物語っているではないか。

【次ページ】 徹底した打撃練習と同時に、走塁技術の鍛錬も。

1 2 3 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ