サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

U-23の、エースというよりキーマン。
中島翔哉という無尽蔵の10番。

posted2016/01/30 10:30

 
164cm、64kg。小さな体のハンデは、図抜けたスタミナとクイックネスで補うのだ。

164cm、64kg。小さな体のハンデは、図抜けたスタミナとクイックネスで補うのだ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 6大会連続となる五輪の出場権を獲得したU-23日本代表。リオ五輪最終予選では日替わりでヒーローが生まれ、絶対的なエース不在のチームが勝つ術を見せてくれたが、チームの中には何人か、他の選手が一目置くキーマン的な存在がいる。

 その一人が、中島翔哉だ。

 グループリーグでは、北朝鮮戦、サウジアラビア戦に出場した。つづく準々決勝のイラン戦は、豊川雄太がスタメンで中島は当初ベンチスタートの予定だったが、手倉森誠監督の閃きか、それともチーム結成当時から信頼して起用してきた10番を出場させるべきと感じたのか。いずれにせよ、中島はスタメン出場を果たした。

 しかしイラン戦で、中島は目立つどころかミスが多く、ほとんどの時間消えていた。ところが延長戦に入ると突如ギアを上げ、2ゴールを上げてベスト4進出に大きく貢献したのである。

パスをもらう前から「打つ」と決めていた。

 試合後、中島は少しホッとしたような表情を見せた。

「90分は、ほぼ何もしていない。いつ代えられてもおかしくなかったし、点も取れなかったので、延長でなんとか役に立てるように考えていました。1点目は得意なコースです。相手の守備がハードでなかなかいいポジションでボールをもらえなかったんですが、延長に入って相手の右サイドバックが疲れてきていたので、チームメイトに『もっとパスをくれ』って言ったんです。ボールを持つ時にはシュートを打つ気だったんで、迷いなく打てたのが決められた要因かなと思います。

 2点目もボールを受ける時にはシュートを打つと決めていたし、うまく決めることができたかなと思います」

 北朝鮮戦、サウジ戦と2試合つづけてゴールを決めることができなかった。自分に求められているものは「ゴール」であるという意識から、点が取れなければいくらいいプレーをしても満足できない。それは今大会に限らず、五輪代表の親善試合でもJリーグでもまったく同じだった。

【次ページ】 延長に入って、むしろギアが上がったような動き。

1 2 3 NEXT >>
関連キーワード
リオ五輪・パラリンピック
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ